無料ブログはココログ

« June 2015 | Main | August 2015 »

July 19, 2015

巨星墜つ:南部陽一郎先生

南部先生が亡くなりました

訃報:南部陽一郎さん94歳=ノーベル物理学賞

 素粒子理論の世界的権威で、「自発的対称性の破れ」の発見で2008年にノーベル物理学賞を受賞した米シカゴ大名誉教授の南部陽一郎(なんぶ・よういちろう)さんが7月5日、急性心筋梗塞(こうそく)のため死去した。94歳だった。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会などの開催は未定。

 1921年、東京生まれ。42年に東京帝国大(現東京大)理学部物理学科を卒業。52年、朝永振一郎氏(故人、65年ノーベル物理学賞)の推薦で米プリンストン高等研究所に留学した。58年にシカゴ大教授、70年に米国籍を取得した。91年からシカゴ大名誉教授。2011年に大阪大特別栄誉教授となった。

どの新聞記事も先生の業績説明が短いのだが。



(第29回)素粒子物理学の発展に大きく貢献、南部陽一郎の業績 桜井進
2008年11月04日

●素粒子物理学の伝統  素粒子物理学はこの宇宙に存在する物質になぜ質量があるのかを説明する理論である。物質に質量、つまり重さがあるのはなぜかと問うこと自体に違和感をもたれる方がいても不思議ではない。では物があって質量がないことがあるのか? そもそも質量とはなんなのか?物理学とはまさに宇宙の根源を追求する学問であり、素粒子物理学といわれる分野なのだ。物質の根源とは何か?をどこまでも考えるこの学問は古代より多くのアイディアが考えだされ、実験により実証され発展してきた。1920年代、量子力学の誕生により私たちの自然観は大きく変更されることになり、素粒子物理学が誕生していくことになった。日本では物理学者・仁科芳雄がその先頭に立って欧米の最先端が日本に輸入された。仁科の弟子が日本初のノーベル賞受賞者・湯川秀樹そして朝永振一郎だった。ここでもまた歴史は繰り返されたといえる。本連載第25回高木貞治でも述べたことであるが、欧米の最先端を取り入れその核心を見抜き、我が道を突っ走る日本人の後ろ姿を見ることができる。はたしてその結果は前人未踏、世界初の発見につながるのであった。  仁科に始まる近代物理学の伝統は湯川の中間子理論、朝永の量子電磁力学に受け継がれ、常に最先端を走り、その底流では学問の王道を着実に歩んで来たと言える。今回の南部陽一郎、益川敏英、小林誠のノーベル物理学賞受賞はまさにその延長線上にあったのだ。

やはりノーベル賞祭りだけで日本人は物理学がすきじゃないのかな。

『クォーク』なんぞ、日本人の必読書にしてほしいのじゃが。

クォーク 第2版 (ブルーバックス) 新書
1998/2/20
南部 陽一郎
講談社

51r1deq75fl__sx304_bo1204203200_


物理帝國主義者のアマサイなぞは南部先生はいつノーベル賞を取るのか、気が気じゃなかったものだ(生存中じゃないのと受賞できないからね)

南部先生、すばらしい業績をありがとうございました。
日本人としての誇りをありがとうございました。

ゆっくりとお休みください。


物理帝國主義はお休みして、情報学の研究にいそしんでいるアマサイでした。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 13, 2015

ソフトウエアの偉い人、岩田聡

アマサイ、業界には疎いので岩田聡さんのことは知りませんでした。
55歳で先日亡くなったそうです。

追悼:任天堂 岩田聡社長 HAL研究所の天才新入社員と高校2年生の思い出 by 藤本健

当時、岩田さんは東京工業大学の情報工学科を卒業して、この小さな会社に就職していたのですが、高校生の私から見て、とっても不思議な人だと思って見ていました。

 東工大は自分にとって憧れの大学であり(結局、成績が悪くて私は入れませんでしたが……)、その一番行きたかった情報工学科を出たのに、なんで、こんな小さな会社に入ってしまったんだろう……と思っていたからです。ここでは、まさにマイコンクラブの先輩のような感じで、一緒にプログラムを書いていましたが、その優秀さには歯が立たず、悔しい思いばかりしていたのも事実です。

だって、夏休みいっぱいかけて作ったプログラムのバグをたった一晩ソースコードを見ただけで、直してしまい、しかも「2つ入っていた隠しコマンド、削除しておいたからね!」なんて言われてしまうんですから……。そう自分の名前を入力すると、短いフレーズの演奏がされるような仕掛けをしておいたのが、バレちゃったんですよね。

 また、どうやってプログラムすればいいのかずっと悩んでいた割り込み処理も、簡単に作り上げてしまい、もともと3音しか出せなかった自分のプログラムは、岩田さんによる修正で6音出せるものへとグレードアップ。その形で発売となったのです。

 そんな岩田さんを見て、高校2年生の自分は「自分はエンジニアには向いていない、こんな進化の速い世界で技術的についていくのは不可能だ」と悟り、違う世界へと歩んできたんですよね。

 当時は、社会人って岩田さんくらいしか知らなかったし、だからこそ、社会人のエンジニアはみんな岩田さんのような人だと思い込んでいたのですが、後になって気が付きました。岩田さんは天才だったんですよね。

ジョブズやビル・ゲイツを範としなくても日本にもいたんじゃん、ITの巨頭がっ!岩田さんの場合、プログラマとしてだけでなく経営者としても立派だったんですな。

素晴らしいソフトウエア技術者は日本にもいると思いますが、経営マインドが足りないじゃないかと思います。大企業のトップはアホばかりだし。

ベンチャーが生き生きと活躍できることが日本の閉塞感を破る秘訣だと思います。

長いことソフトウエアと自分はそんなに関係ないと思っていたアマサイはアホでした。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 07, 2015

誰も期待してませんからご無理をなさらず。

大企業内でスタートアップを、ソニーが“垂直統合”で挑む
自前のクラウドファンディングサービスを開始 2015/07/06

「ソニーらしい、ユーザーに“ささる”商品を作りたい」(ソニー 新規事業創出部 担当部長の小田島伸至氏)――。

「Seed Acceleration Program(SAP)」と呼ぶ新規事業創出プログラムをソニーが始めてから約1年。同社が次なる布石を打った。クラウドファンディングとEコマースのサービスを兼ね備えたWebサイト「First Flight(ファースト・フライト)」を2015年7月に開設したのである(First Flight)。同サイトにおいて、SAPを通じて生まれた事業化の初期段階にあるプロジェクトに対して、「市場ニーズの検証」「顧客との直接的な対話を通じた共創型の開発・商品改善」「タイムリーでかつ規模に対して最適化された販売」などを可能にする。

 中でも重視するのが顧客との直接的な対話である。「一般的なクラウドファンディングでは、プロジェクトが成立する(目標金額を達成する)と顧客(支援者)とコミュニケーションが断絶しやすい。First Flightでは、プロジェクト成立後もコミュニケーションを取り続ける。これが大きな違い。顧客の要望をなるべくフィードバックして、量産するギリギリまで改善を重ねたい」(小田島氏)と意気込む。
 クラウドファンディングを開始する前のコンセプト段階から、First Flightでプロジェクトをティザーとして公開し、ユーザーからの意見を集約することも考えている。
 ソニーは、同社の既存の事業部では扱いにくい、まったく新しい製品やサービスを早期に事業化する目的で、SAPを2014年4月に開始した(関連記事)。「大企業にスタートアップの仕組みを整える」(小田島氏)のが狙いだ。SAPでは、大きく3段階を経て、新規事業を具現化する。
 第1に、新しいアイデアを募ること。新規事業のアイデアを募集し、審査する「オーディション」を3カ月に1回の頻度で実施する。第2に、新しいアイデアを形にすること。これは、オーディションを通過したアイデアを試作品に仕立てる段階である。第3に、事業化すること。「BPO(Business Planning Office)」を通じて、新規事業に仕立てる。

もう「ソニー」というコンセプトからは何も新しい製品は生まれないと思うんですけどね。
組織は頭から腐るわけですから。
居残り組はただソニーブランドだけで生きてるんだろうな。

事業部ごとに解体しちゃえばいいのに。

アマサイ、どこかに敵を作ってしまいましたかw【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 02, 2015

教養こそ大学の使命

文科省が、文系を減らしてITエンジニア養成をしろとか言っているらしい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

国立大 文科省通知の波紋(下) 改革、自らの責任で
石弘光・一橋大元学長
2015/6/29付日本経済新聞 朝刊

 一橋大学の石弘光・元学長は、国立大学に教員養成系や人文社会系の見直しを求めた文部科学省の通知は政府主導の大学改革の色彩が濃厚だと批判。大学が自主的に問題点を整理し必要に応じて改革に乗り出す責任があると指摘する。  「社会に役立つ」ことは、職業訓練学校に求めるべきで大学に求めるものではない。大学ももちろん、実学や職業教育といった視点からその専門性を生かし社会のニーズと向き合う必要がある。と同時に大学は学問を通じ、その時代ごとの社会的要請とは別に、普遍的に人類の存立・発展、社会経済システムの基盤のために知の創造・伝承を行う場である。人文社会科学こそが、まさにその基礎を築くことになる。

 物事に対する洞察力を深め、多様な価値観を尊重し、そして自ら人格形成に努めるために、主に人文社会科学に立脚する幅広い教養こそが不可欠なのだ。相変わらず多発する研究者の様々な不祥事は、まさにこのような教育を若い時期に十分に受けてこなかったことに起因していると思う。

 法人化後、大学の自主性がもっと増えると期待していた。しかしこれまでの経過を見るとそれとは逆に、政府の介入の度合いが一段と強まってきたといえよう。

 文科省が提起しているような「大学の組織見直し」など、外からの圧力でなく本来大学が自らの責任で遂行すべきものである。このために学長のリーダーシップを強化する仕組みが法人化後次第に整備されてきているのだ。今般の人文社会科学の組織見直しについて、まず大学が自主的に問題点を整理し、必要に応じて改革に乗り出すべき責任があろう。

大学ではFortranなぞやったが、まあ、アルゴリズムってこんなもんなのね、ということがわかったのか、わからなかったのか。

むしろ、教養科目の方が後々の役に立ったかもしれんな。

理工系でも、その専門を生かした職につけるなぞ、一握りくらいだよ。
最高学府の「教育」というものが、どんな職についても社会人としての基盤となるのである。

意外にも一番役に立ったのは、放送大学で学んだ哲学かもしれんな。ものの考え方、そのものだからね。技術や特許のことはその職場に行って学んだし、プログラミングなんて会社に入ってからその部署で学べばええがな。

簿記だってそういう部署に入ったら会社で取らせるんでしょ。

というわけでアマサイの第二の母校放送大学教養学部が時代の最先端を行っているわけであるよ。

皆の者、放送大学を仰ぎ、奉れ!

石先生は放送大学前学長でもあらせられるのだ!【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« June 2015 | Main | August 2015 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30