無料ブログはココログ

« 量子ドットカラーディスプレイ、仁義無き戦い? | Main | 誰も期待してませんからご無理をなさらず。 »

July 02, 2015

教養こそ大学の使命

文科省が、文系を減らしてITエンジニア養成をしろとか言っているらしい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

国立大 文科省通知の波紋(下) 改革、自らの責任で
石弘光・一橋大元学長
2015/6/29付日本経済新聞 朝刊

 一橋大学の石弘光・元学長は、国立大学に教員養成系や人文社会系の見直しを求めた文部科学省の通知は政府主導の大学改革の色彩が濃厚だと批判。大学が自主的に問題点を整理し必要に応じて改革に乗り出す責任があると指摘する。  「社会に役立つ」ことは、職業訓練学校に求めるべきで大学に求めるものではない。大学ももちろん、実学や職業教育といった視点からその専門性を生かし社会のニーズと向き合う必要がある。と同時に大学は学問を通じ、その時代ごとの社会的要請とは別に、普遍的に人類の存立・発展、社会経済システムの基盤のために知の創造・伝承を行う場である。人文社会科学こそが、まさにその基礎を築くことになる。

 物事に対する洞察力を深め、多様な価値観を尊重し、そして自ら人格形成に努めるために、主に人文社会科学に立脚する幅広い教養こそが不可欠なのだ。相変わらず多発する研究者の様々な不祥事は、まさにこのような教育を若い時期に十分に受けてこなかったことに起因していると思う。

 法人化後、大学の自主性がもっと増えると期待していた。しかしこれまでの経過を見るとそれとは逆に、政府の介入の度合いが一段と強まってきたといえよう。

 文科省が提起しているような「大学の組織見直し」など、外からの圧力でなく本来大学が自らの責任で遂行すべきものである。このために学長のリーダーシップを強化する仕組みが法人化後次第に整備されてきているのだ。今般の人文社会科学の組織見直しについて、まず大学が自主的に問題点を整理し、必要に応じて改革に乗り出すべき責任があろう。

大学ではFortranなぞやったが、まあ、アルゴリズムってこんなもんなのね、ということがわかったのか、わからなかったのか。

むしろ、教養科目の方が後々の役に立ったかもしれんな。

理工系でも、その専門を生かした職につけるなぞ、一握りくらいだよ。
最高学府の「教育」というものが、どんな職についても社会人としての基盤となるのである。

意外にも一番役に立ったのは、放送大学で学んだ哲学かもしれんな。ものの考え方、そのものだからね。技術や特許のことはその職場に行って学んだし、プログラミングなんて会社に入ってからその部署で学べばええがな。

簿記だってそういう部署に入ったら会社で取らせるんでしょ。

というわけでアマサイの第二の母校放送大学教養学部が時代の最先端を行っているわけであるよ。

皆の者、放送大学を仰ぎ、奉れ!

石先生は放送大学前学長でもあらせられるのだ!【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« 量子ドットカラーディスプレイ、仁義無き戦い? | Main | 誰も期待してませんからご無理をなさらず。 »

教育一般」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/61825562

Listed below are links to weblogs that reference 教養こそ大学の使命:

« 量子ドットカラーディスプレイ、仁義無き戦い? | Main | 誰も期待してませんからご無理をなさらず。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31