無料ブログはココログ

« 日本医療研究開発機構(AMED)の行方 | Main | 生体システムビッグデータ解析、だそうです。 »

July 30, 2016

『百合子さんの絵本 ~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争』

NHKドラマ『終戦スペシャルドラマ 百合子さんの絵本 ~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争』をみました。

http://www4.nhk.or.jp/yurikosan/

Yurikosannnoehonn

昭和16 年―
小野寺百合子(薬師丸ひろ子) は、陸軍武官としてストックホルムに駐在していた夫・信(香川照之) がいるスウェーデンに旅立った。到着したその日から、百合子は夫が入手した極秘情報を暗号化し日本の参謀本部に送る毎日を過ごす事となる。夫婦共同で諜報作業にあたり、機密を守るためだった。
外出の時には必ず見張りがつき、子供の命が危険にさらされる緊張の日々が続いた。百合子は母としての悲痛な気持ちを押し殺し電文を送った。そんなある日、信はヤルタ会談で交わされた連合国の密約の存在を知る。それは「ソ連ガ対日参戦ヲ決メタ」というもの。日本の敗戦を決定づける極秘情報だった。
百合子は、この情報を本国が受け取ればきっと和平に動くと信じ打電し続けた。しかし、小野寺夫婦の情報はついに活かされる事なく、原爆が投下され、日本は敗戦を迎える…。

戦後、百合子は『ムーミンパパの思い出』など児童文学の翻訳に携わる。一方、信は戦時中の事には堅く口を閉ざし、無念の思いで日々を過ごしていた。夫にかつての誇りを取り戻して欲しいと願う百合子は、自分たちはもう1度、過去と向き合うべきだと語る。信は、消えた電文の行方を探る決意をする。
戦争の最前線を生きた稀有な女性の姿を通して描く、夫婦の愛の物語。

日米対戦を食い止めようとした人々がいるとは聞いていましたが、小野寺夫妻のことは初めて知りました。

やっぱり、米国との戦争は避けるべきだ、敗戦は目に見えていると、わかって情報を送り続けた人がいるのですね。

日本でもヒトラーを英雄視されていたのですね。ドイツ、イタリアと同盟を結べば、日本は勝てる、と信じていたようです。
ドイツに駐留している外交官が百合子にいいます。
「日本に必要なのは、米国に勝つための方策です。軍が喜ぶような情報を流すようご主人を説得してください」
小野寺は、日本は戦争を続けてはいけない、終戦にもっていくべきだという情報を日本に送り続けています。小野寺は正確な情報を渡しているのに。
百合子は答えます。
「私は軍人の娘であり、軍人の妻ですが、戦争は嫌いです。日本は一刻も早く戦争をやめるべきです」

小野寺夫妻が日本に打電した情報を軍の上層部によって握りつぶされ、東京大空襲、原爆投下へと進んできます。

情報戦で負けたら、勝てるわけないのになあ。
日本は後進国だったのだな。

今は情報先進国であると信じています。

戦争はノリでやるものではないのだよ。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« 日本医療研究開発機構(AMED)の行方 | Main | 生体システムビッグデータ解析、だそうです。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/63989690

Listed below are links to weblogs that reference 『百合子さんの絵本 ~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争』:

« 日本医療研究開発機構(AMED)の行方 | Main | 生体システムビッグデータ解析、だそうです。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31