無料ブログはココログ

« 電子立国日本は崩壊か? | Main | 回路基板ぐにゃぐにゃ。 »

July 06, 2016

『明解量子重力理論入門 』学習会

放送大学の物理好きの仲間とこの本を学習することになりました。


Mikai


●『明解量子重力理論入門 (KS物理専門書)』
発行:2011年7月26日
著者:吉田 伸夫

----------------------
内容紹介

超ひも理論も、ループ量子重力理論も、第一歩からわかる知的興奮の書!

相対論と量子論を統一することはできるのか? 最先端理論が説く宇宙の過去と未来とは? 近年発展の著しい量子重力理論の最先端を、基礎から明解に説き明かす入門書

第1部 量子重力理論までの道程
第1章 量子論の基本原理
第2章 場の量子化とくりこみ
第3章 時空のゆがみとしての重力
第4章 重力の量子化
第2部 量子重力理論の具体例
第5章 時空構造の極限を求めて――ループ量子重力理論
第6章 素粒子論的アプローチ――超ひも理論
第7章 半古典的取り扱い――ホーキング放射
第8章 宇宙論への応用

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ重力の量子化が困難なのか?量子重力理論は、何を解決しようとしているのか?ループ量子重力理論とは、超ひも理論とは、どのような理論なのか?学部学生程度の物理学から出発し、量子重力理論という最先端へ読者をいざなう、専門書を読む前の、はじめの一歩に最適な入門書。
-----------------------
先日は進行役の方が素晴らしかったので1章を学習し終わりました。
§1 古典物理学と最小作用の原理
§2 不確定性関係と量子論の原理
§3 経路積分の手法
§4 波動関数とシュレディンガー方程式
§5 振動するシステムのエネルギー量子
§6 特殊相対論と場のアイデア

自習では理解できないことがわかるようになり、頭がすっきりしていい感じです。

次回の勉強回を楽しみにしています。

久しぶりに物理帝国主義者としての活動でした。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« 電子立国日本は崩壊か? | Main | 回路基板ぐにゃぐにゃ。 »

放送大学・大学院」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/63877332

Listed below are links to weblogs that reference 『明解量子重力理論入門 』学習会:

« 電子立国日本は崩壊か? | Main | 回路基板ぐにゃぐにゃ。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30