無料ブログはココログ

« July 2016 | Main | September 2016 »

August 22, 2016

多彩な色に光る単一分子蛍光物質

岐阜大、多彩な色に光る単一分子蛍光物質を開発

岐阜大学は2016年8月3日、単一の蛍光発光分子でありながら、酸を添加することで蛍光色が変化する蛍光物質を開発したと発表した。特定の酸との混合比を調整することで白色蛍光も可能。将来的には、有機EL照明や有機ELディスプレイ、重金属などを検出するための化学センサーチップなどへの応用が期待される。

 これまで研究グループは、硫黄原子と複数の窒素原子を導入した低分子有機化合物群(アミノチアゾール)のうち、五員環のある特定の位置に窒素原子を導入した新たな蛍光化合物を開発した。五員環の部分と窒素原子が導入された部分が大きくねじれた特徴的な分子構造を持ち、ここに異なる置換基や元素を組み込むことで、蛍光色を青色から赤色まで制御し得ることを明らかにしている。

 今回、この新たな蛍光化合物の特定の部位に、塩基性官能基を導入することで、酸を添加することで発光色を微調整できる物質を構築した。具体的には、青色蛍光化合物に塩酸を加えていくと、青色の蛍光が徐々に消え、代わって黄色の蛍光を示す。酸の選択によっても蛍光色が異なる。

Gifu_03

岐阜大学のお知らせ

村井利昭教授らのグループだそうです。

村井教授らは,この新たな蛍光化合物の特定の部位に塩基性官能基を導入することで,単一の蛍光発光分子でありながら,酸の添加という操作により発光色を微調整し,多彩な発光を実現できる系を構築しました。具体的には,青色蛍光化合物に塩酸を加えていくと,青色の蛍光は徐々に消え,代わって黄色の蛍光を示します。酸の選択によっても蛍光色が異なります。さらに,ある特定の酸との混合比を調整することで,たった一つの分子からなる,白色発光も実現しました。蛍光灯は,赤,緑,青色の組合せで白色発光を達成しています。それに対して,二色を組合せて白色発光を実現することもできます。その一つが青色と橙色です。ここでは先の当量比の微調整で,もともと青色発光化合物だったものの一部が,酸の作用で橙色発光化合物に変化し,これらで白色発光に至っています。  この化合物の蛍光は酸と塩基の中和反応に由来するため,酸を加えて発光色を作成した後に,塩基を加えると,もとの青色発光色が再現されます。

特許もたくさん出されております。
最新公表分がこれ。

【公開番号】特開2014-196290(P2014-196290A)

【発明の名称】新規複素環化合物及びそれを含む有機薄膜
【出願日】平成26年3月6日(2014.3.6)
【優先権主張番号】特願2013-44941(P2013-44941)
【優先日】平成25年3月7日(2013.3.7)
【優先権主張国】日本国(JP)
【出願人】国立大学法人岐阜大学
【発明者】芝原 文利
【発明者】村井 利昭

アマサイはディスプレイに採用されることを期待しています。
小型であったなら実用化の道はあるんじゃないでしょうか。

しかし、発行物質はどれも青色を出すのが難しいようですな。

関東だけでなく、地方の大学も世界的研究を目指していてうれしいです。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 17, 2016

ジャパンディスプレイの行方はいかに?

JDI「革新機構から支援の確約」 有機EL強化めざす

中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は9日、筆頭株主の政府系ファンド、産業革新機構から、金融支援を含む全面的な支援の確約を得たことを明らかにした。液晶に代わって需要の伸びが見込まれる有機ELパネルなどへの投資に備えて財務体質を強化するため、機構に金融支援を要請していた。今後、機構から数百億円規模の支援を受けるとみられる。

JDIの本間充会長は9日開いた2016年4~6月期決算の記者会見で、産業革新機構への金融支援要請について、「機構から全面的に支援していくとのコメントを得ており、慎重に協議を行っている」と語った。今後、機構の出資を軸に調整が進むとみられる。

主にスマートフォン向け液晶パネルを製造するJDIが金融支援を要請したのは、主要顧客である米アップルが、17年以降に発売するスマホ「iPhone(アイフォーン)」の新型機に、液晶だけでなく有機ELのディスプレーを採用するとみられていることが大きい。JDIには有機ELの量産実績がなく、生産設備を整えるには数千億円規模の投資が必要になる。

だが、JDIの業績は足もとで悪化している。iPhoneを中心とする高価格帯スマホの売れ行きが世界的に鈍り、液晶パネルの売り上げも落ち込んだためだ。この日発表した16年4~6月期の売上高は1743億円と前年同期と比べて29・2%減。営業損益は、前年同期の22億円の黒字から34億円の赤字へ転落し、2四半期連続の営業赤字となった。純損益も117億円の赤字だった。

えっ~、大丈夫なんすかねえ、やっちまった感満載なすけど(もやもやさまぁ~ず風ナレーション)

JDI創立時からナマ暖かく見守ってきたアマサイでござる。

JDIと言えば、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの3社の寄せ集め事業統合で電子立国日本をの復活をめざし、、、うぅぅ、書いてるだけで苦しくなってきた。ソニーも東芝もだめな子ちゃんになった今、なにに希望を見出せばいいのやら。
エルピーダとは違う、と言われてもね。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/523360.html

とにかくこれ以上日本技術に汚点をつけないでもらいたい。

このメーカー各社のもっさり感はなんなのだろう。//人気ブログランキング(自然科学)に投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 12, 2016

JPEGにまつわるいろいろ話

JPEGはなぜここまで普及したのか? ~専門家に聞いてきた~
9回 WebPへの見解とお金にまつわる困難

連載9回目ということだそうだ。

答えているのは拓殖大学電子システム工学科・渡邊修准教授

――JPEGほか現状Web閲覧に使われている画像形式にかわる新たなものとして、GoogleがWebPという新方式を出しています。これについて、JPEG団体内で話題になったことはありますか?

はい、あります。Googleが何かやろうとしているなということで、会議の中で話に上がりました。性能表を見る限り、JPEG 2000ほどではないがJPEGよりきれいで、JPEG 2000より処理が高速である、というような内容でした。

――企業主導のフォーマット開発も注視されているんですね。

はい、JPEGとしてはWebPのような新しい規格は気にしています。Web向けの画像フォーマットなのでメインの用途とは違うとは思うのですが、ある一企業が考えたフォーマットというのは、やはりその他の会社は使いにくいため、閲覧以外の用途での広がりは難しそうに感じました。JPEGから置き換えるのではなく、各種画像をWebPに変換する方法をGoogleのほうで考えるという流れの方が自然に思います。

Googleがどんなに特許料を取りませんと宣言していたとしても、後から撤回されるリスクはぬぐいきれない。怖くて手が出せないというのがあります。

――やはり特許料の問題は非常に大きいのですね。

JPEGはロイヤリティーフリーをポリシーにしているのですが、参加企業に対して「もしそれに従うのが嫌だったら、使用料の徴収を宣言してください」と明示しているんです。ただ、各社とも色々な思惑がありますから、すんなりとは出てこなかったりしますが。

そのような不確定な状態の技術が採用された方式ですと、カメラメーカーが採用することは難しいと思います。今は日本くらいしかデジカメを作っている国はないので、もしかしたら個別にアプローチされて各社に請求が行くかもしれない。ステートメントを出さないということは、「技術の利用料を取られるかもしれない」ということなんです。

(JPEGの)会議には会社を代表してやってきている人が集まっているわけなので、逐次会社との確認が必要になるため、その場で解決に向かう話し合いはなかなか進まないですね。こういうところが、標準規格の規格化プロセスの難しさのひとつだと思います。

そうだね、JPEGはいくつかある画像規格のうちの一つだった。どうしてここまで標準規格になったのか不思議と言えば不思議だ。

その経緯を10回にわけて話しておられるわけだが。

JPEGはパテントプールの案件だと思っているのだが、
ぐぐったら出てきた。

『パテントプールを巡る諸課題に関する調査研究報告書』

平成25年2月 株式会社 三菱総合研究所 JPEGに関しては、日本企業が中心となってパテントプールを構築した。技術会議の議長がロイヤリティフリーの案を提示した。しかし、「無償」は料率のベンチマークとは成りえない。本来は無償ではなく、ライセンサー/ライセンシーが利益を皆享受できる状況を作ることを目指したいと考えている。

ふーむ、まだ特許権問題は解決してないわけだな。
で、Googleが何か悪さ?を案じていると。

いやいや、標準規格の問題は油断できませんな。
これからもウォッチしていこう。

拓殖大学のHPなんだかさっぱりしすぎてるな。もうちょっと情報を書き込めばいいのに。//人気ブログランキング(自然科学)に投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 09, 2016

ディベート甲子園2016

ディベート甲子園の審判に行ってきました。

---------------------------

第21回 全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園) 
主催
読売新聞社、全国教室ディベート連盟

協賛
パナソニック、日本テレビ放送網

特別協力
立教大学

後援
文部科学省

開催日
2016年8月6日(土)~8日(月)

場所
立教大学 池袋キャンパス 5号館 (東京都豊島区)           

http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/

論題
中学校の部
「日本は地方公共団体の首長の多選を禁止すべきである。是か非か」
・ 人物が同一地方公共団体で通算3期以上、首長に就任することを禁止する。

高校の部
「日本は国民投票制度を導入すべきである。是か非か」
・ここでいう国民投票制度とは、18歳以上の有権者の署名により、法律の制定、改正、廃止に ついて請求する制度とする。
・投票の結果は法的拘束力を持つものとする。
-----------------------------------------
7日の中日です。8日最終日準決勝に行く学校を決める大事な日です。

私は高校の部の2試合をジャッジしました。

●予選リーグ第3試合
・肯定側:岡山県立岡山大安寺中等教育学校(岡山県・初出場)
・否定側:青山高等学校(三重県・初出場)
両方とも初出場とは思えない素晴らしいスピーチデリバリーでした。
岡山県の学校はなんと4人とも女子一年生です。来年、再来年には決勝リーグに出てくるのではないでしょうか。
立論はどちらも良いできでしたが、メリットの民意の反映よりデメリットの政治の質の低下の方が大きく取れてしまいました。国民はムードに流されやすい、カルフォルニア州の国民投票の結果のように財政破綻をもたらす、などの方がインパクトがありました。

●決勝リーグ
・肯定側:広島学院高等学校(広島県・4年連続4回目)
・否定側:創価高等学校(東京都・21年連続21回目)

高校ディベートの老舗・創価高校の登場です。
広島学院はプランに「税制・外交は取り上げない」「100万人以上の署名が必要」などを追加して、デメリットをブロックしていました(スパイクプランといいます)。
これに創価はどう対応するのか。
質疑で肯定側に「民意とは何か、国民が良いと言えば良い」のかとしつこく訊いていました。否定側はプラン後プロの官僚が決めている政策を素人の国民が決めるので政治の質が下がると説明していました。ここでもカルフォルニア州の例を取り上げています。これは税制の変更も含まれています。肯定側がそれをつくと「税制だけでなく、補助金に関しても同じロジックが使える、国民は自分の利益になる方に投票するのだ」と反駁していました。これも普通ならなかなか通りにくい議論ですが、21年の経験値(OBからいろいろ教えてもらうので)がものを言いました。

審判タイムの時、票は割れて、断然否定側という話でもなく、肯定側にも見るべき点はあったと思います。結局、創価高校は準決勝選ベスト4に入りました。

この試合と試合の間に中学生の試合を見学に行ったのですが、どちらも議論が拮抗し、私が見ても判断が難しかったです。松本茂先生が主審を勤め、どちらもうまく議論を主張し反駁していたと講評していました。負けた学校の子は泣いていましたね。

うっうっ、おばちゃんも悲しいよ、両方勝ちにしてあげたい(;_;)。

ここ2,3年で中学も高校も格段にうまくなっています。情報がうまく循環しているのでしょうか。私でもあのようなスピーチをできるかどうかわかりません。

酷暑の日曜日、爽やかな試合に触れられてよかったです。
(*^_^*)

ご注意:試合の内容はうる覚えで書きましたので正確でないかもしれません。

おばちゃんもディベートがんばるよぉ。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 05, 2016

ビッグデータの可視化

膨大な論文や特許の引用関係に着目し分析 将来、成長領域となり得る技術を早期に発見

2015.07.07森純一郎=東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻 特任講師 2万3319の論文を分析対象に、相互の関連性を示す引用関係に着目して「知識」の関係性を可視化した。まとまった研究領域を色付きのクラスターとして抽出し、キーワードや出版年から成長性も予測できる。

 技術の細分化や分野を横断したそれらの技術の融合が急速に進み、研究開発のサイクルが早まる中、企業の技術開発投資において将来を見通すための予測活動は一層困難になりつつある。そんな困難な問いに応える研究が、東京大学大学院工学系研究科の坂田・森研究室で行われている「学術・産業技術俯瞰システム(以下、俯瞰システム)」だ。全世界の膨大な学術論文や特許のデータを分析して抽出した「知識」の関係性を可視化することで、将来的に成長領域となる可能性のある技術を早期に発見することを支援する、いわば技術開発投資先を見つけるための地図のようなものだ。

 論文や特許には相互の関連性を示す引用関係が存在する。俯瞰システムではこの引用関係に着目し、膨大な論文や特許の大規模な引用ネットワークを構築してネットワーク分析を行う。さらにテキストマイニングやデータマイニングなどの技術を用いて、個々の論文や特許に対してテキスト分析を行い、対象技術領域の知識の関係性を自動的に抽出する。
(中略)
技術開発投資の調査のため、数万の論文を人手で読むことは現実的ではないが、俯瞰システムを用いれば対象領域の全体像を容易に俯瞰できるとともに、近年成長している技術も特定できる。政府あるいは企業において、技術ロードマッピングやホライゾンスキャニングのような未来予測を行う場合、通常は専門家の合議など人知に基づく。一方で、膨大な論文や特許データから導き出された俯瞰マップが示すものは、学術・産業技術の知識の客観的な地図であるとも言える。

同じような研究をしている人、去年のテキストマイニング研究会でもいた。

この手のものは、可視化できたから何!という問いに答えねばなあ。

私もビッグデータを可視化することはこの一つのテーマでは有り得るんだけど。

使い方が難しいですな。

それよりなにより、「日経ビッグデータ」というコラムがあることにびっくりです。
なんと月刊誌もあったのですよ、奥さん
http://business.nikkeibp.co.jp/bigdata/

日経デジタルマーケティングの姉妹誌ね、なるほど。

人工知能が病気直した、みたいな話はただ今調査中です。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 02, 2016

生体システムビッグデータ解析、だそうです。

早稲田大学に「産総研・早大 生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリ」(CBBD-OIL)を設立
-情報解析技術の高度化で生体システムの理解と制御を目指す-

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)は、平成28年7月29日に「産総研・早大 生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリ」(AIST-Waseda University Computational Bio Big-Data Open Innovation Laboratory; CBBD-OIL)を早稲田大学【総長 鎌田 薫】(以下「早大」という)と共同で設立しました。産総研のオープンイノベーションラボラトリ(OIL)は、産総研の第4期中長期計画(平成27年度~31年度)で掲げている「橋渡し」を推進していくための新たな研究組織の形態で、CBBD-OILがその第四号案件となります。また、CBBD-OILは私立大学と共同で設立する初めての組織となります。

 現在、世界中でバイオ分野に情報技術を組み合わせることで、医薬分野をはじめ食品分野、化学品分野など多岐にわたる産業への応用が期待されています。最近では実験技術や機器の進歩が加速し、細胞単位、生体単位、集団単位と様々なレベルにおけるDNA、RNA、タンパク質といった様々な階層の生命データが指数関数的に増加しています。これらの増加しつづける生命データを有効に活用し、生命・医薬・健康分野の産業に役立つ知見を創出するためには、迅速に結果を示すことが可能な最適な情報解析技術を開発しなければ、世界的にも競争の激しい医薬品産業・健康産業においてアドバンテージを取ることはできません。

 早大は、一細胞単位での挙動を解析するシングルセル解析において日本最大の技術を蓄積しており、人の腸内フローラ(細菌叢)や海洋生物(カイメン等)の共生・共在細菌群のゲノム全部を網羅的に測定するメタゲノム解析や、臓器等の生体組織から微量組織の連続的近接接取技術をシングルセル解析と組み合わせて、新しい生命データ創出に向けて世界をリードする基礎研究を行っています。また、超高速シーケンサーデータの情報解析技術やRNA配列からの機能・構造・相互作用予測に関する情報解析技術にも秀でています。一方、産総研は、大規模なゲノム配列を高速・高精度に比較し、遺伝子の持っている機能や疾病要因となっているゲノム上の変異等の知見を効率的に見出す情報解析技術や、疾患にともなって後天的に起こるゲノム修飾の異常を高精度に検出する情報解析技術を有し、これらの技術は世界有数のレベルにあります。また、システムズバイオロジー的なアプローチとして、遺伝子発現データ等の数値データから細胞内での遺伝子同士、タンパク質同士の相互作用を推定するネットワークモデリング情報解析技術の研究開発実績が多くあります。

Soudai_sansoken

なんだか、よくわかんないけど、札束が飛んでる感満載w
「バイオ分野に情報技術を組み合わせる」っていうからアマサイのケンキューとも関係あるのかな。
(アマサイの場合、研究といえるほどのことはしてないので、カタカナで表示しています)

でも、こんな多岐にわたった研究4年くらいでできるのだろうか。これは10年経たないと結果がでないんではないかな。

そのうち中間発表とかあると思うのでそれを待ちましょう。

この程度で世界一位になれるんでしょうか。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« July 2016 | Main | September 2016 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28