無料ブログはココログ

« すぬーが売られる!(+_+) | Main | 謎ワード「テロメア」 »

May 16, 2017

日本の知財裁判はいかに?

日本の特許訴訟 「勝訴率」実は低くない? 和解含めると4割に
2017/5/15付日本経済新聞 朝刊

 最高裁がまとめた新たな統計は、東日本の特許訴訟の一審を専属で管轄する東京地裁と西日本で専属管轄する大阪地裁での、2014年と15年の2年間の結果。対象の訴訟件数は計202件で、判決に至ったのが125件。77件については和解で決着していた。  まず判決をみると、原告側(特許権者側)の勝訴判決は28件で全体の約14%だった。知的財産研究所が15年にまとめた調査研究によると、特許訴訟の特許権者側の勝訴率は米国が5~7割前後、ドイツでは6割前後。これらと比べると、日本での勝訴率は確かに低いように見える。  ただ、日本では和解で決着したうち大半の61件が、被告側への差し止めや、金銭の支払いを認めさせるなど特許権者側が実質的に「勝訴」した内容だった。勝訴判決と合計すると89件で、全体の44%が特許権者の訴えを認める形で決着していたことになる。  日本では、裁判が終盤に差しかかってから和解に転じる例が多いとされる。日本の特許訴訟を巡っては近年、一部の識者や弁護士事務所から「特許権者の勝訴率が諸外国に比べ著しく低い」との批判も出ていた。これに対し裁判関係者は「特許権者側が勝ちそうな裁判の多くが和解で決着し、実質的な“勝訴率”は低くない」と、判決結果だけを単純比較すべきではないと反論してきた。

Nihonnotizaisaibann

低いも何も母数が少なすぎるでしょう。
2代前の所長・飯村敏明氏は公の場面に出る度に
「みなさん、裁判起こしてちょーだい!」
と言っていたよ。
はい?その費用はどっから出るんですかい?
そのとき中堅企業知財部にいたアマサイは小規模企業にはそんな金ないわい!
と心の中で叫んでいた。

知財裁判が多く発生すれば知財活動は発展するのか?
そんな話は聞いたことがない。
日本は米国違って判例制じゃないんだから。

景気が良くなって製造業が発展しないと知財も何もないんだから。

訴訟だらけのレッドオーシャンにしてどうするんだい!

とにかく経済政策をなんとかしてちょーだい!

ひさしぶりに真っ向から知財ネタでした。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

« すぬーが売られる!(+_+) | Main | 謎ワード「テロメア」 »

「知的財産」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/65291585

Listed below are links to weblogs that reference 日本の知財裁判はいかに?:

« すぬーが売られる!(+_+) | Main | 謎ワード「テロメア」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31