無料ブログはココログ

« 放送大学面接授業『国際統計データの性格と使い方』 | Main | 放送大学情報化社会研究会で発表してきました! »

June 07, 2017

書談:サイエンスパレット『統計学』

サイエンスパレットの一冊『統計学』を読みました。

『統計学』サイエンス・パレット SP-012
著者:David J. Hand
翻訳:上田修功     
発行元:丸善出版

Vsi_

これはオックスフォード大学出版から出している、
「A Very Short Introduction」シリーズのうちの一冊です。
このシリーズは日本でいう新書版の内容です。
なぜか、理系のものは丸善で、文系のものは岩波書店から翻訳を出しています。

英語の勉強のために原書も買いましたが、まだ読んでいません。

1 統計学に囲まれて 現代統計学/定義/嘘,大嘘,そして統計/データ/広義の統計学/いくつかの例/結論

2 統計学の基礎
はじめに/再び,データ/単純な要約統計量/平均/ばらつき/歪度/分位数

3 よいデータの収集
不完全データ/不正確なデータ/誤差伝搬/前処理/観測と実験データ/実験計画/サンプリング調査

4 確率
偶然の本質/確率とは/偶然の法則/確率変数とその分布

5 推定,推論
点推定/どの推定が最良か/区間推定/検定/決定理論/われわれは今どこ?

6 統計モデルと手法
統計モデル:これまでの議論の融合/統計手法:実用統計学/統計的図表/結論

7 統計計算
統計学はそのあり方を変える

それこそ、統計学の基礎知識を得るために読んだのですが、読後感はちょっと微妙です。
目次は通常の統計教科書と同じなのですが、1章から5章まで、「統計学って大事だよね」ということが書かれていて、6章と7章で統計手法がばばっばと羅列してある感じです。

もっと丁寧な説明が欲しかったかな。

「A Very Short Introduction」は他にも読んだのですが(翻訳でw)、ちょっとこれはこざっぱりしすぎてやしないかな。

まあ、統計英語の勉強のつもり読めばそれで役に立つかな。

まだまだ勉強せねば。

いつの日か、一流のデータサイエンティストになるのだ!人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 放送大学面接授業『国際統計データの性格と使い方』 | Main | 放送大学情報化社会研究会で発表してきました! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/65383692

Listed below are links to weblogs that reference 書談:サイエンスパレット『統計学』:

« 放送大学面接授業『国際統計データの性格と使い方』 | Main | 放送大学情報化社会研究会で発表してきました! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30