無料ブログはココログ

« 謹賀新年2018 | Main | 名古屋での勉強会 »

January 07, 2018

小林信一他『社会技術概論('12)』

放送大学の修士課程は修了したので、学部の社会と産業コースに編入しました。

それで、後期に履修した一つがこれです。
Shakaigijutu

『社会技術概論('12)』

主任講師: 小林 信一
概略:
いくつかの事例や歴史の理解を通じて「社会のための科学技術」の考え方を学ぶとともに、科学技術コミュニケーション、科学技術リテラシー、科学技術と市民参加、科学技術と倫理などの横軸となる視点を理解する。また、これらの基盤となる理論側面についても理解を促す。これらのテーマを通じて、社会技術の基本的事項について理解することを目標とする。
http://www.ouj.ac.jp/kamoku/detail/1548441/

第1回 社会の中の技術、社会のための技術
第2回 BSEの経験
第3回 安全な社会をデザインする
第4回 先端科学技術と社会
第5回 社会のための科学技術 -その歴史
第6回 科学技術と社会のコミュニケーション・デザイン
第7回 これからの科学技術リテラシー
第8回 科学技術への市民参加
第9回 科学技術と民主主義
第10回 知識・権力・政治
第11回 社会に役立つ知識とは
第12回 科学技術と公共政策
第13回 海外の社会技術
第14回 科学技術と倫理の新次元
第15回 社会技術のこれから

もう今年度でおしまいで、来年度から代替科目はないようでしたので、登録しました。
(でも来年度開講科目を見たら『リスクコミュニケーション』がありました。改訂科目じゃないので、両方とも単位が取得でき、うれしいです)

一応、主専攻:物理学、副専攻:科学哲学・科学史、と言っているので、こういう文理に渡る科目は安心しますね。情報が新しいから面白いし。近年は科学論などの書籍をチェックしていなかったのですが、3.11以降新しい著作がいろいろ出ています。

環境問題、研究費の調達、科学者のあり方など科学哲学で話が組み立てられる材料がたくさんあります。

この分野で論文を1個書いてみようかな。

小林信一、小林慱司、小川正賢、藤垣裕子、各先生の論を聞くことができて楽しいです。

やっぱり私は科学哲学の学徒だな(/・ω・)/

私も自分の著作というのを世に出してみたいですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 謹賀新年2018 | Main | 名古屋での勉強会 »

放送大学・大学院」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/66253161

Listed below are links to weblogs that reference 小林信一他『社会技術概論('12)』:

« 謹賀新年2018 | Main | 名古屋での勉強会 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30