無料ブログはココログ

January 17, 2017

また、会いましょう、ケネディ駐日大使(;_;)

アマサイがJFKフリークであることは、皆さんご存じかと?いや、初めて聞いたですと?

そうですか、そうですか、アマサイはケネディ大統領の就任演説を丸暗記するほどのファンなのです。
(まあ、英語勉強する人は、ケネディとキング牧師のスピーチは暗唱しますけれどね)

そのアマサイにとって、キャロライン・ケネディ氏が駐日大使になったことは驚きであり、喜びでした。

キャロライン・ブーヴィエ・ケネディ

父ジョン・F・ケネディと母ジャクリーン・ケネディの長女として、ニューヨークで生まれた。1960年の大統領選挙で父が大統領に選出された翌年、ホワイトハウスに入り、合衆国大統領の娘として世界的な関心を集めた。1963年11月22日に父が暗殺されると母とニューヨークに戻り、彼女の保護のもとでメディアの報道合戦には巻き込まれずに済んだ。学士号を取得して、セブン・シスターズの名門校ラドクリフ大学(1999年にハーバード大学と統合)を卒業後、コロンビア大学ロースクールを卒業して法務博士となり、弁護士資格を得た。現国務長官のジョン・ケリーが家庭教師だった。メトロポリタン美術館在職中に、ユダヤ系ウクライナ人の血を引くエドウィン・シュロスバーグ(英語版)と出会い、1986年に結婚した。結婚後もシュロスバーグ姓を名乗らず、旧姓のままである。なお、祖父のジョセフ・P・ケネディは駐英アメリカ合衆国大使(第44代)を務めたことがある。

ケネディ記念図書館の館長やハーバード大学ケネディ・スクールの顧問を務めた。キャロライン自身が直接政治活動をすることは少ないが、2008年の大統領選挙では叔父のエドワード・ケネディ上院議員とバラク・オバマ候補への支持を表明し、同陣営の副大統領候補者選考委員会で仕事をした。

駐加大使候補にもたびたび擬せられたが、ニューヨーク州選出のヒラリー・クリントン上院議員がオバマ政権で国務長官に就任することが明らかになると、その後継に意欲をみせた。CNNなどの共同世論調査では、過半数が「ケネディは上院議員になる資質を備えている」と答え、またケネディがヒラリーの後継となることには52%が肯定的、42%が否定的な反応を示した。しかし、2009年1月になって一身上の都合により上院議員の補填指名を受けることを辞退した。

そのケネディ大使が辞任されるとのこと、悲しみで一杯です。


https://www.facebook.com/usembassytokyo/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf

こちらこそ、3年間ありがとうございました。

貴方は私たちは希望と勇気を与えました。

そうです、女性が活躍するということは、その国の勝利を示しています。

日本もアメリカも勝利していかねばなりません。

このような、楽しいビデオもありがとう。

https://www.youtube.com/watch?v=7xuXlpvWw1I&feature=youtu.be


マジ悲しいっす。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 17, 2016

ジャパンディスプレイの行方はいかに?

JDI「革新機構から支援の確約」 有機EL強化めざす

中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は9日、筆頭株主の政府系ファンド、産業革新機構から、金融支援を含む全面的な支援の確約を得たことを明らかにした。液晶に代わって需要の伸びが見込まれる有機ELパネルなどへの投資に備えて財務体質を強化するため、機構に金融支援を要請していた。今後、機構から数百億円規模の支援を受けるとみられる。

JDIの本間充会長は9日開いた2016年4~6月期決算の記者会見で、産業革新機構への金融支援要請について、「機構から全面的に支援していくとのコメントを得ており、慎重に協議を行っている」と語った。今後、機構の出資を軸に調整が進むとみられる。

主にスマートフォン向け液晶パネルを製造するJDIが金融支援を要請したのは、主要顧客である米アップルが、17年以降に発売するスマホ「iPhone(アイフォーン)」の新型機に、液晶だけでなく有機ELのディスプレーを採用するとみられていることが大きい。JDIには有機ELの量産実績がなく、生産設備を整えるには数千億円規模の投資が必要になる。

だが、JDIの業績は足もとで悪化している。iPhoneを中心とする高価格帯スマホの売れ行きが世界的に鈍り、液晶パネルの売り上げも落ち込んだためだ。この日発表した16年4~6月期の売上高は1743億円と前年同期と比べて29・2%減。営業損益は、前年同期の22億円の黒字から34億円の赤字へ転落し、2四半期連続の営業赤字となった。純損益も117億円の赤字だった。

えっ~、大丈夫なんすかねえ、やっちまった感満載なすけど(もやもやさまぁ~ず風ナレーション)

JDI創立時からナマ暖かく見守ってきたアマサイでござる。

JDIと言えば、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの3社の寄せ集め事業統合で電子立国日本をの復活をめざし、、、うぅぅ、書いてるだけで苦しくなってきた。ソニーも東芝もだめな子ちゃんになった今、なにに希望を見出せばいいのやら。
エルピーダとは違う、と言われてもね。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/523360.html

とにかくこれ以上日本技術に汚点をつけないでもらいたい。

このメーカー各社のもっさり感はなんなのだろう。//人気ブログランキング(自然科学)に投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 21, 2016

ARMの真実?

「次のパラダイムシフトであるIoTに賭けた」、孫社長がARM買収の理由を説明

「次のパラダイムシフトであるIoT(インターネット・オブ・シングズ)に将来を賭けた」。ソフトバンクグループの孫正義社長(写真1)は2016年7月18日(英国時間)、英ロンドンで記者会見を開き、英ARM Holdingsを約240億ポンド(約3.3兆円)で買収する理由などを語った。

 孫社長はソフトバンクグループが、テクノロジーの大きなパラダイムシフトが始まる初期に、必ず大きな投資をしてきたと説明する。PCが登場した1980年代にはソフトウエアの流通会社としてソフトバンクを起業し、PCインターネットが登場した1990年台半ばには米Yahoo!に出資。PCブロードバンドが登場した2000年代始めには「Yahoo! BB」を開始し、モバイルインターネットが登場した2000年台半ばには英ボーダフォン日本法人を買収した。

孫社長はIoTがこれらに匹敵するパラダイムシフトだと主張し、「(スマートフォンなどの)モバイルだけでなく、家電、自動車、インフラストラクチャーなどあらゆるモノに半導体が搭載されるIoTの時代に、ARMプロセッサの出荷個数や売り上げは爆発的に増加する」として、ARM買収を決断したと述べた。


孫のおぢちゃんは言うことが一々大げさですな。
こういうのはパラダイムシフトとは言わない。

ARMほどの優良企業、買えるもんなら買いたいというのが企業家の本音でしょう。

英国のEU離脱とは関係ないと言っておられます。
そりゃそうです。あれは誰も予想だにしなかったのですから。
EUにあろうとなかろうとARMの価値は変わらないと思いますよ。

しかし、ARMが買収に応じたというのが不思議です。ソフトバンクの傘下に入ると何か得なのでしょうか。

欧米の企業家は良い値であれば会社をうっぱらうことはなんでもないので、大した理由はないのかしら。

ARMがどういう企業かしらない人はいないと思いますが備忘録的に。
ソフトバンクが大枚をはたいた「ARM」はどんな企業か--そのスマホに“ARMの技術あり”

アマサイも大株主になって配当でくらしていきたいなあ。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

March 07, 2016

電子立国日本は崩壊か?

「シャープ身売り」に抱いた違和感 銀行に翻弄、結局「当事者能力ゼロ」 
2016年3月7日(月)井上 理

鴻海によるシャープ買収は、それとは次元の違う話として捉えるべきだろう。もはや鴻海の郭台銘会長を信じるしかないが、この先、シャープの雇用がどうなろうと従うしかない。「雇用を守る」としていた郭会長は既に、「40歳以上のリストラ」を匂わせている。子会社となれば、いかようにも好きに料理できる。

 また、郭会長の辣腕によってシャープのブランドが磨かれようとも、それは台中の栄華を象徴するものとなるだろう。それどころか、投資開発が進み、鴻海傘下の有機EL事業が急成長したら、唯一のディスプレイ国産メーカーとなったJDIすら潰され、日本のディスプレイ産業は息の根を止められる可能性すらある。

韓国のサムスン電子が買われたら…

 だがそれも、仕方のないことかもしれない。もはやシャープの経営陣に当事者能力はなかった。

 13人いるシャープ取締役のうち、プロパーの取締役は髙橋社長以下、4人のみ。一方、金融機関系の取締役は7人。中立的な立場は2人。多勢に無勢で、銀行に生殺与奪を握られていた髙橋社長は、特にこの1カ月、「どっちつかずの操り人形と化していた」(関係者)という。

 鴻海案を強行に推したのは、シャープの主力取引銀行で多額の債権を持つみずほ銀行だったとされる。機構は、優先株の放棄など約3500億円の追加支援を主力行に求めていた。対して鴻海は、優先株を買い取り、追加支援は求めないという破格の条件を提示。みずほ銀行は鴻海とも大口の取り引きがあり、関係も深い。シャープを手に入れたい郭会長と利害が一致。みずほがシャープに送り込んだ社外取締役が中心となり、機構案を推す人間を駆逐していった。

 国や機構の関係者は、「シャープは、国益ではなく私益を追う銀行に売られた」「銀行は売国奴だ」と悔しさをにじませる一方、「経営陣を見る限り、守るだけの価値もなかったということだろう」とも漏らす。

 ともあれ、1912年に早川徳次が創業した日本企業は100年以上の歴史に終止符を打ち、外資に飲み込まれる。仮に、韓国のサムスン電子が鴻海に買われたら、韓国人は国中を挙げて嘆くだろう。そうはならないのは、やはりシャープにその価値はないということなのだろうか。

創業から百年持ったのですから、よくやったというべきでしょう。

しかし、電子工学科出身としては、こうもハードウエアメーカーが倒れていく、瀕死状態であるということは嘆ざるおえません。

本社ビルを見ながら、あんな会社に入れたらいいなあ、なんて若いころ思っていたところが次々と消滅していくのですから。

この記事のように日の丸印のディスプレイはなくなってしまうのでしょうか。

もう絶望に近いのかもしれませんが、電子立国日本はいつまでもあってほしいものです。

これからは機械学習、人工知能の時代なのかな。それならアマサイも活躍できるはず。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

January 23, 2014

デジタル印刷の未来はいかに?

コニカミノルタ、MGIとの資本・業務提携でプロダクション・プリント事業を強化

 コニカミノルタとフランスのデジタル印刷機メーカーであるMGI Digital Graphic Technology社は、資本・業務提携することで合意した。コニカミノルタが、MGI社の新株発行分を約1370万ユーロで引き受け、総株式数の10%を取得するとともに、開発・販売における業務提携を行う。  コニカミノルタは、2003年からプロダクション・プリント(PP)事業を成長領域と位置づけ、製品・技術開発と買収・提携を進めてきた。この10年間で同社のPP事業の規模は約5倍に拡大。特にライト・プロダクション領域向けのカラー印刷事業では、世界市場をリードする立場にあるという。  一方、MGI社は、PP分野の中でもカード・プラスチック印刷などの成長市場にフォーカスし、欧州を中心に北米やアジアでも事業を展開。最近ではプリンテッド・エレクトロニクス分野に進出し、電子回路などの産業用印刷事業も手がけている。  コニカミノルタは今回の提携を通じて、これまでの電子写真方式やインクジェット方式などの印刷手法を用いた既存の商業印刷市場での紙出力に加え、パッケージ印刷や3Dコンポーネント印刷などの特殊な出力システムへの応用展開にも取り組んでいくとしている。
銀塩カメラ・フィルムで利益を上げていた企業の迷走は続きますな。 コニカとミノルタがくっついても大してキャッシュフローの改善にはなっていないようです。提携で活路が見いだせればいいですが。

回路プリント多種多様の企業が参入してますからね。どうなんでしょう。

コニカの仕事はしたことがあるのでがんばってほしいものです。


旧ミノルタの特許はねえ、以下略。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

January 21, 2014

検索予測に罪はないのか?

新聞を整理していて見つけました。

グーグルが逆転勝訴 検索予測の表示差し止め、東京高裁で
日本経済新聞 2014/1/15

 大手検索サイト「グーグル」に自分の名前を入力すると犯罪を連想させる単語が自動表示されるとして、男性が米グーグルに表示差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は15日、表示差し止めと30万円の賠償を命じた一審判決を取り消し、男性側逆転敗訴を言い渡した。男性側は最高裁に上告する方針。  グーグルは検索の際、単語を入力すると一緒に検索されることの多い単語を自動表示する「サジェスト」を目玉機能の一つとしている。  男性の代理人弁護士によると、控訴審判決は「サジェスト機能で、男性の人格権を害する記事が閲覧しやすくなっている」とグーグルによる人格権の侵害は認めた。  しかし、「男性側の不利益が、サジェスト表示を削除することで検索サービス利用者が受ける不利益を上回るとはいえない」と判断。さらに「表示はウェブページの抜粋にとどまり、それ自体で名誉を毀損したり、プライバシーを侵害したりしているとはいえない」と結論付けた。  昨年4月の一審・東京地裁判決は「権利侵害が拡大する恐れがある」などとして、グーグル側に表示差し止めと賠償を命じていた。

企業名を検索して予測用語としてよく「ブラック」と出ることがありますね。
予測検索の削除を申し入れている企業もあり、事実削除されるケースもあるようです。
企業の申し入れは受理し、個人は拒絶するというのは問題があるのではないでしょうか。
予測検索が世の中の役に立っているとも思われませんし。
精々ネット上のネタになるくらいでしょう。
原告は上訴すると主張しています。
これからの動向に興味津々です。

デジタル関連法務は面白そうですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

November 29, 2013

アウトソーシング

掲載当時は気が付きませんでしたが、Twitterで回ってきました。

田中克己の「ニッポンのIT企業」:ソニーとの合弁も BPOを武器に躍進するInfoDeliverの次の一手 2013年10月29日

 BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)ビジネスを展開するInfoDeliverが、データ入力から人事・給与、知財管理などへとサービスメニューを増やしている。そのため、業務ノウハウを持つ企業と合弁会社を設立したり、買収したりする。こうしたBPOの機能を拡充する一方で、BPOを支える人材の育成にも力を注ぐ。

ソニーとの合弁会社

 2013年10月、InfoDeliverがソニーと共同で設立したグローバル知的財産パートナーズが営業活動を開始した。ソニーが蓄積した特許出願事務のノウハウに、InfoDeliverのBPOサービスを組み合わせて、日本企業の外国への特許出願に関する業務を支援する。簡単に言えば、特許出願を容易にし、かつ出願手続きにかかるコストを低減するということ。合弁会社に10%出資するソニーも、外国特許出願の業務を任せるという。

 InfoDeliverがこのビジネスモデルの基礎を築いたのは、約10年前になる。1999年に設立した同社は、中国・広東省出身の尚捷会長兼社長らが開発したPDF関連ソフトやサーバ監視ソフトで事業をスタートした。大手ITベンダーなどが販売パートナーとなったことで、販売本数は着実に増えた。ところが、あるITベンダーがサーバ監視ソフトの扱いを中止。同じような監視ソフトを傘下に取り込んだからだ。多くの顧客を獲得したPDF関連ソフトも、「単体事業としての大きな発展性がなくなってきた」(尚会長兼社長)。

 そんなとき、あるユーザーから試験の採点に関するデータ入力の商談が舞い込んできた。平均値を正確に短時間で出す。つまり、厳しい品質と納期を求められるものだ。加えて、「山谷の激しい仕事であった」(尚会長兼社長)。試験がなければ、データ入力の仕事はないのである。しかし、尚会長兼社長は2003年、この商談を獲得した。
(中略)

このような一連の業務スキルを持たせるのは、既に大連で実現したこと。そこから、現場で積んだ経験を生かして、人事に関するコンサルティングを担える人材も育つだろう。生保向け医療診断書のデータ入力を請け負うために、担当者が医療専門用語を習得した結果、スペシャリストに育ったりもする。

外国出願をアウトソーシングされたら特許事務所の仕事ががが・・・と言っておられる方もいましたね。

翻訳なんか外注ですから丸ごと外注しても別段おかしくはないですね。

総務とか経理とかを外注するのは以前からやられているようですが、それの方が信じられないですね。

外注できるもの全部したら企業って何が残るんでしょうか。


総理大臣なんか外注でいいと思います。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

November 23, 2013

昔、ノキアという会社がありました

ノキア株主、マイクロソフトへの携帯電話部門売却を承認

 フィンランドを拠点とするNokiaは、現地時間11月19日に開催された株主総会に先立ち、総会前に投票を済ませた株主の99.7%が売却を承認したことを発表したとThe Financial Times(FT)が報じている。これらの株主で投票総数の5分の4を占めるため、総会で実施される実際の投票は形式的なものとなる。

 Microsoftは2013年9月、NokiaのDevices & Services部門を72億ドルで買収する計画を発表した。Microsoftは、Nokiaの携帯電話部門の「実質上すべて」に対して50億ドルを支払い、同社特許のライセンスに対して残りの22億ドルを支払う予定である。買収が承認されれば、Nokiaの最高経営責任者(CEO)を退任済みのStephen Elop氏がMicrosoftのデバイス事業を統括する予定である。


隔世の感がありますね。
ノキアといえば携帯電話界を快進撃を展開してたのにね。

ホント企業って、これは大丈夫ってものがないんだなあ。


優秀な技術者はもうとっくに居ないんだろうな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

November 04, 2013

訃報:岩谷時子

岩谷時子先生が亡くなりました。

岩谷時子さん悼む 越路吹雪さんと二人三脚
東京新聞 2013年10月29日 朝刊

 越路吹雪(こしじふぶき)さんの「愛の讃歌」など、たくさんのヒット曲を手掛けた作詞家で、文化功労者の岩谷時子(いわたにときこ)さんが二十五日、九十七歳で死去した。その作詞家人生を振り返り、ゆかりの芸能人らの悼む声を集めた。

 戦後歌謡史を彩る数々のヒット曲を手掛けた岩谷時子さん。その活動の原点は、越路吹雪さんとの出会いである。

 深い信頼関係で結ばれていた越路さんが宝塚歌劇団を退団して東宝専属になった際、行動を共にして東宝文芸部嘱託の肩書でマネジャーに。数年後、シャンソンが題材のレビュー「巴里(パリ)の唄」の舞台で、急病で倒れた二葉あき子さんの代役に越路さんが抜てきされた。大物の代役を務めるには、スケールの大きな曲が必要として、パリ帰りの音楽監督・黛敏郎さんが薦めたのがエディット・ピアフの「愛の讃歌」。原曲の歌詞は背徳的な内容だったため、岩谷さんは一途な愛を貫く姿を描く日本語歌詞を急きょひねりだした。♪あなたの燃える手で…… 。今日まで数多くの歌手によって歌い継がれている不朽の名曲を生み、創作人生が始まった。


岩谷さんはご両親から「美しい日本語を使いなさい」と言われて育ったそうです。ですからあれだけの名作が数々生まれたのですね。

wikiより抜粋
作詞(歌謡曲)[編集]
『恋のバカンス』(ザ・ピーナッツ、作曲は宮川泰)
『これが青春だ』(布施明、作曲はいずみたく)
『旅人よ』(加山雄三、井上陽水、作曲は弾厚作)
『君といつまでも』(加山雄三、作曲は弾厚作)
『恋の季節』(ピンキーとキラーズ、作曲はいずみたく)
『イカルスの星』(越路吹雪、作曲は内藤法美)
『ほんきかしら』(島倉千代子、作曲は土田啓四郎)
『サインはV』(麻里圭子&横田年昭とリオ・アルマ、作曲は三沢郷)
『アテンションプリーズ』(ザ・バーズ、作曲は三沢郷)
『男の子女の子』(郷ひろみ、作曲は筒美京平)
『愛のオーロラ』(荻野目慶子、作曲は林哲司)
『さらば‥夏』(田原俊彦、作曲はポール・アンカ)
『つばさ』(本田美奈子、作曲は太田美知彦)

越路吹雪さんの歌の訳詞はすべて岩谷先生です。

献身的な生き方がとても素敵です。越路さんのマネージャとしても有名ですね。

今日丁度ドラマの再放送をやっていました。

越路吹雪『女の一代記』@アマサイブログ
http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/2005/11/post_48d1.html

この原作となった岩谷先生の
『愛と哀しみのルフラン』講談社文庫
を取り寄せて読みました。
エッセイの見本のような素晴らしい文章です。

ブログに感想は書きそびれたようですね。

アマサイも岩谷先生のように美しい日本語を使い、心の強い女性として生きていきたいです。


年齢からいうと天寿全うということですが、まだまだお元気でいてほしかった。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

October 25, 2013

携帯電話は飽和状態

揺れる巨艦パナソニック 社内の混沌は吉兆なのか!?
スマートフォン、プラズマ事業から撤退、半導体部門も人員削減!
nikkei BPnet 2013年10月24日 


 パナソニックが揺れている。
 10月24日、パナソニックが半導体事業を大幅縮小し、国内外で現在約1万4000人に上る同部門の従業員数を2014年度までに半減させる検討に入ったことが明らかになった。9月末の個人用スマートフォンからの撤退発表に続き、10月13日にはプラズマテレビからの撤退が報じられたばかりだ。

・携帯電話事業はパナソニックにとって特別なビジネス
 社長の津賀一宏は2013年3月に発表した中期経営計画のなかで、2014年度までの2年間で「赤字事業の止血を完遂」すると公言しており、スマホとプラズマテレビからの撤退は、その一環にすぎないとはいえ、パナソニック社内には少なからぬ動揺が走った。
「スマホ撤退を経営が決断する以前に、伏線があった。5月にドコモが夏商戦でソニーとサムスンのスマホをツートップで重点販売することが明らかになり、パナソニックは“圏外”扱いかと、憤慨や落胆が社内に広がった。さらに社長がスマホ撤退を決めたのだから、担当者は男泣きしていましたよ」
 そう語るパナソニック幹部は「携帯電話事業はパナソニックにとって特別なビジネス」とも言う。
 歴史を振り返ると、松下幸之助が設立し、自ら社長に就任した会社は松下電器産業、松下電工、松下通信工業の三社しかない。いまやすべてパナソニックに一本化されているが、携帯電話事業はかつての松下通信工業から始まったもので、撤退は関係者には屈辱的なものだった。

みんな考え方が古いよね。

総合電機メーカーに特別な分野とかもうないと思うんだよね。
利益を阻むとこは分社かするとか、よそに売るとか。

てか、総合メーカーの時代じゃないんじゃない?
○ニーも○ECも全部守ろうと思うからおかしくなるのでは。
M&Aしてないでされる方がいいと思うよ。

マジでみんな間違えて思う。

携帯電話なんて何社も作る必要ないよね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28