無料ブログはココログ

February 02, 2017

映画『あん』

先日、BSで映画『あん』を見ました。
上映中に行きたかったのですが、忙しい時期でなかなかいけませんでした。

テレビで見られてよかったですが、やはり劇場で見たかったですね。

Eiga_an

映画「あん」で問いかけた「生きる意味」とは 原作・ドリアン助川さんに聞く

物語は、罪を犯して出所し、借金を抱えながらどら焼き店で働く千太郎(永瀬正敏)の店に、年老いた徳江(樹木希林)がアルバイトを志願することから始まる。徳江が小豆に語りかけながらゆでる餡(あん)のおいしさに、店は評判となり繁盛する。徳江はハンセン病療養所に住み、所内で菓子作りを学んでいた。しかし店主は、徳江の曲がった指を見て仙太郎に命じる。「あの人、『らい』よ。やめてもらってちょうだい」。風評が広がったのか、店への客足は遠のき始める。徳江もいつしか店を去るが、千太郎と常連客の中学生ワカナ(内田伽羅)は、ハンセン病療養所に住む徳江を訪ね、交流を深めていく。

・キャスト
徳江 - 樹木希林
千太郎 - 永瀬正敏
ワカナ - 内田伽羅
佳子 - 市原悦子
どら春のオーナー - 浅田美代子
ワカナの母 - 水野美紀
陽平 - 太賀
若人 - 兼松若人

1996年に「らい予防法」は廃止されましたが、それ以前にもらい病を扱った作品はありました。松本清張の『砂の器』は有名ですね。
2004年のTBSテレビでやったやつは、千代吉が大量殺人者という前科者という設定でした。これでは、『砂の器』を原作にした意味がありません。残念な映像化でした。

現代までらい病患者を隔離していたのは日本だけです。
たぶん、明確な差別がない(肌の色とか容姿)国だから被差別者を特定したかったのでしょうね。

前科のある千太郎とらい病患者である徳江が甘いドラ焼きで繋がれ、やがて離れ離れになってしまう。やさしくも切ない物語です。

映画全編で原作者のドリアン助川のメッセージ「誰もが意味を持ってうまれてきた」が突き付けられています。

今もらい病患者に向けられている差別を思うと胸が締め付けられるようです。

徳江が言う
「あんこみたいに甘いものにはね、塩気が少しあると甘味が強まるの。こういうお汁粉には塩昆布みたい固いものが合うわね」
という言葉は、苦難は人生の甘味を引き立てるという比喩でしょうか。

それにしても、徳江や千太郎の人生は塩気が効きすぎています。

西武線の通る桜並木は東京都東村山市だそうです。

都心から離れてはいるが、ド田舎ではない東村山は、千太郎や徳江が住むにはちょうどいい場所だったかもしれません。

日本映画は斜陽と言われていますが、毎年このような秀作が作られています。

私はバリバリハリウッドの映画ではなく、こういう人の温かみを感じる作品が好きです。

海外で評判がよかったのもうれしいですね。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

January 14, 2017

映画『疾風ロンド』

修論が一段落しましたので、映画を見てきました。東野圭吾原作、阿部寛主演『疾風ロンド』です。
勿論、原作は出たときすぐ読みました。

http://www.shippu-rondo-movie.jp/

大学の研究所施設から、違法生物兵器「K-55」が盗まれた。 研究所所長の下に届く犯人からの脅迫メール。 「人質は全国民。身代金の3億円を用意しろ」 警察には頼めない…しかも残された時間は4日間…。 そんな窮地に白羽の矢がたったのは、何故だか、しがない主任研究員。 秘密裏に生物兵器を捜す命を受けるも、全く手掛かりがない…。 そんな中、一本の電話が。 ≪犯人死亡!!≫ まさかの事態に呆然とする一方で、刻々と迫りくる大惨事へのタイムリミット。 生物兵器の行方も完全に不明になったと途方に暮れていたその時、犯人の遺品から僅かな手がかりを掴むのだった。 そこから浮かび上がったヒントは“日本最大級のスキー場”…。 スキー初心者、何だかちょっと頼りない中年男・栗林和幸が今、日本の未来を担う!?

Photo

阿部ちゃんはコメディがよく似合う。雪山だとみんな美男美女に見えますね。関ジャニ∞の大倉くんがかっこよく見えたのは初めてです。

濱田龍臣くんが大きくなったな。

ムロツヨシの使い方が絶妙でツボでした。

堀内敬子、麻生祐未も大好きなので、阿部ちゃん出演以外も見どころがありました。

すぐ地上波放映するでしょうが、スキー場の格闘はスクリーンで見ていただきものです。

これからは映画を見る時間、本を読む時間もできるので、ブログ更新もできるかな。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

September 11, 2016

映画&小説『後妻業の女』

毎日忙しいすぎてブログを書いている暇がありません。
うれしい悲鳴(^◇^)

頭を使いすぎていたので先日、映画『後妻業の女』を観に行きました。

Gosaigyo


予習として黒川博行『後妻業』は読んでいます。
黒川のおっちゃんの小説結構すきです。

「後妻業」 (文春文庫) 黒川 博行

------------------------
「武内小夜子、63歳、好きなことは読書と夜空を見上げること…わたし、尽くすタイプやと思います」結婚相談所主催のパーティで可愛らしく自己紹介する小夜子(大竹しのぶ)の魅力に男たちはイチコロである。耕造(津川雅彦)もその一人。二人は惹かれあい、結婚。幸せな夫婦生活を送っていた、はずだった―。2年後耕造は亡くなり、葬式の場で耕造の娘・朋美(尾野真千子)と尚子(長谷川京子)は、小夜子から遺言公正証書を突き付けられ、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡される。納得の行かない朋美が調査をすると、衝撃の事実が発覚。小夜子は、後妻に入り財産を奪う“後妻業の女”だったのだ!
------------------------
原作を読みながらこれは大竹しのぶしかないだろうと思っていました。
実年齢よりも高い役なのですなあ、と思ったら、30代の場面も出てくるからですな。
映画の小夜子は原作よりもたくましいです。

実際の事件を元に原作を書いたらしいですが、それをコメディにしてしまうのは黒川マジックです(リアル関係者は憤慨してると思いますが)。それをリアリティを持って映像化できたのは、配役の力が大きいですな。

大竹しのぶ、豊川悦司、尾野真千子、長谷川京子、水川あさみ、風間俊介、余貴美子、笑福亭鶴瓶、津川雅彦、永瀬正敏

どれも一癖ある輩ばかりです。

小夜子の息子(原作では弟)の風間俊介がなかなかいけてました。
ああいう凶器じみた役もできるのですね。
風間くんにはこれからもがんばってほしいです。

いやー、アマサイも「ブライダル微祥」に登録して後妻業の修行をしてみたいですな。
冗談ですよ、冗談(^^;)

シン・ゴジラも見ないといけないですかね。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 30, 2016

『百合子さんの絵本 ~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争』

NHKドラマ『終戦スペシャルドラマ 百合子さんの絵本 ~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争』をみました。

http://www4.nhk.or.jp/yurikosan/

Yurikosannnoehonn

昭和16 年―
小野寺百合子(薬師丸ひろ子) は、陸軍武官としてストックホルムに駐在していた夫・信(香川照之) がいるスウェーデンに旅立った。到着したその日から、百合子は夫が入手した極秘情報を暗号化し日本の参謀本部に送る毎日を過ごす事となる。夫婦共同で諜報作業にあたり、機密を守るためだった。
外出の時には必ず見張りがつき、子供の命が危険にさらされる緊張の日々が続いた。百合子は母としての悲痛な気持ちを押し殺し電文を送った。そんなある日、信はヤルタ会談で交わされた連合国の密約の存在を知る。それは「ソ連ガ対日参戦ヲ決メタ」というもの。日本の敗戦を決定づける極秘情報だった。
百合子は、この情報を本国が受け取ればきっと和平に動くと信じ打電し続けた。しかし、小野寺夫婦の情報はついに活かされる事なく、原爆が投下され、日本は敗戦を迎える…。

戦後、百合子は『ムーミンパパの思い出』など児童文学の翻訳に携わる。一方、信は戦時中の事には堅く口を閉ざし、無念の思いで日々を過ごしていた。夫にかつての誇りを取り戻して欲しいと願う百合子は、自分たちはもう1度、過去と向き合うべきだと語る。信は、消えた電文の行方を探る決意をする。
戦争の最前線を生きた稀有な女性の姿を通して描く、夫婦の愛の物語。

日米対戦を食い止めようとした人々がいるとは聞いていましたが、小野寺夫妻のことは初めて知りました。

やっぱり、米国との戦争は避けるべきだ、敗戦は目に見えていると、わかって情報を送り続けた人がいるのですね。

日本でもヒトラーを英雄視されていたのですね。ドイツ、イタリアと同盟を結べば、日本は勝てる、と信じていたようです。
ドイツに駐留している外交官が百合子にいいます。
「日本に必要なのは、米国に勝つための方策です。軍が喜ぶような情報を流すようご主人を説得してください」
小野寺は、日本は戦争を続けてはいけない、終戦にもっていくべきだという情報を日本に送り続けています。小野寺は正確な情報を渡しているのに。
百合子は答えます。
「私は軍人の娘であり、軍人の妻ですが、戦争は嫌いです。日本は一刻も早く戦争をやめるべきです」

小野寺夫妻が日本に打電した情報を軍の上層部によって握りつぶされ、東京大空襲、原爆投下へと進んできます。

情報戦で負けたら、勝てるわけないのになあ。
日本は後進国だったのだな。

今は情報先進国であると信じています。

戦争はノリでやるものではないのだよ。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 17, 2016

映画『海よりもまだ深く』

映画『海よりもまだ深く』を見てきました。


Umiyorimomadafukaku


筋書きらしいものは特にありません。

篠田良多こと阿部ちゃんは、元小説家の探偵事務所勤務。典型的なダメ男。ギャンブル好きで、仕事も大してできない。妻であった真木よう子に離婚を突き付けられ、一か月に一度息子に会うのが唯一の楽しみ。それも元妻から、養育費も払えないでいつまで経ってもいい加減な人、と叱られます。父が亡くなって、一人暮らしをしている母・樹木希林の住む団地に足を向けるようになります。

樹木希林と息子は、祖母・孫として良い関係を保っています。それをきっかけになんとか真木よう子とよりを戻せないかと策略しています。

アマサイも団地で育ったので、樹木希林の住む団地は懐かしい風景です。
(設定では清瀬市の旭ケ丘団地になっています)
ああ、私の住んでいたのもあんな感じだなあ、と安心感を覚えます。

劇中で阿部ちゃんが母の作った何か液体を冷凍したようなものを食べます。
「なに、これ、固すぎるよ、スプーンがはいらねえじゃん」
「あら、ちょっと固すぎたかしら」
「それにさあ、なんか臭うよ、冷蔵庫にへんなもの入れてんじゃねえの」
「そんなことないわよ」
「第一さあ、カルピスの味しねえじゃん」

ああ、カルピスを薄めて凍らしたやつか、うちでもよくやったな。
アマサイは3人兄弟なので、夏にカルピスを買っても1本すぐになくってしまいます。
母はいくらあっても足りないとあまり買ってくれませんでした。

なんてことを思い出しました。

阿部ちゃん、樹木希林、真木よう子、小林聡美など、アマサイの好物俳優ばかり出ているのでこれを見逃すわけにはいきません。

是枝ワールドは最高ですね。


今度は何を観に行こうかな?//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

February 15, 2015

映画『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』

『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』を見てきました。


ウェブ

Chalie_modudekai

ジョニー・デップが、ちょびヒゲを生やしたナルシストの怪しい美術商に扮し、キリル・ボンフィリオリの小説「チャーリー・モルデカイ」を映画化したアドベンチャー。イギリスでフランシスコ・ゴヤの名画が何者かに盗まれる事件が発生し、英国諜報機関のMI5は、ちょびヒゲがトレードマークの美術商チャーリー・モルデカイに捜索を依頼。チャーリーとは大学時代に恋敵だったマートランド警部補も、嫌々ながらチャーリーの知識と情報網を頼ることに。チャーリーは早速、用心棒のジョックを連れて絵画を探しに出るが、盗まれた名画には世界を揺るがす財宝の秘密が隠されていたことがわかり、事態は大富豪やマフィア、国際テロ組織、警察などを巻き込んだ争奪戦に発展する。共演はグウィネス・パルトロウ、ユアン・マクレガー、オリビア・マン、ポール・ベタニー。「ダ・ヴィンチ・コード」などの脚本家として知られ、デップの主演作「シークレット ウインドウ」でもメガホンをとったデビッド・コープが監督。

筋は大したことありません。字幕がなくても笑って楽しめます。バカバカしくってくだらない。アクション&コメディです。

ジョニー・ディップの映画は劇場で初めてみましたが、彼は何か人を引き付ける要素を持っている俳優ですね。

ファンの気持ちがわかります。

過去の作品も見てみたいですね。

春にかけてまた観たい映画が増えてきました。。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 23, 2014

映画『紙の月』

『紙の月』を見てきました。

http://www.kaminotsuki.jp/index.html

Kaminotuki

1994年。梅澤梨花(宮沢りえ)は、子どもには恵まれなかったものの夫(田辺誠一)と穏やかな日々を送っている。契約社員として勤務する「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上(近藤芳正)からも高評価。支店では、厳格なベテラン事務員の隅より子(小林聡美)や、まだ若くちゃっかり者の窓口係・相川恵子(大島優子)ら、様々な女性たちが梨花と共に働いている。だが一見、何不自由のない生活を送っている梨花であったが、自分への関心が薄く鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある夜、梨花の顧客で裕福な独居老人の平林(石橋蓮司)の家で一度顔を合わせたことのある孫の光太(池松壮亮)と再会した梨花は、何かに導かれるように大学生の彼との逢瀬を重ねるようになる。(中略)学費のために借金をしているという光太に梨花は「顧客からの定期の申し込みがキャンセルになった」と200万を渡す。さらに顧客から預かった300万を自分の通帳に入れ、自宅で定期預金証書や支店印のコピーを偽造する……。やがて横領する額は日増しにエスカレートしていくのだった。


半年前の原田知世主演の同原作テレビドラマをやっていました。
梨花がだんだんと壊れていく様が恐ろしかったです。

映画にすると、梨花がなぜ光太にのめり込んでいったのかが薄い気がします。
ドラマの満島くんの方がかっこよかったし。
梨花の二人の同級生との関係をばっさり切って登場させなかったのは仕方のないことだったかな。
その代り、同僚の大島優子と小林聡美を出したので梨花の人間像がくっきりと描かれていました。

映画では事件が明るみに出て詰問されるとこまでやっていたので、テレビドラマのような不燃焼感はありませんでしたね。

学生のとき、恵まれない子供に寄付したエピソードが伏線として活きていたのは良い感じ。

「紙の月」というタイトルは角田光代の思い入れがあったはずですが、宮沢りえと小林聡美の言葉で解説されていたのは残念な気がします。なんというかなあ、作品全体から醸し出されて視聴者がそれぞれの紙の月を思うような、そういう形がいいのではないのかな。

男に貢いで女子銀行員が横領、最近は聞きませんが古くからある事件を現代的にアレンジされてよい作品だったと思います。

しかし、劇中で、1994年、1995年と表示されるのは何の意味があったのか、バブル崩壊後だと示すことに重要性があったのか、少々疑問を感じました。

まあ、噂にたがわず面白い映画でした。


原作が文庫になったので読み始めています。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 09, 2014

映画『柘榴坂の仇討』

先月「柘榴坂の仇討」を観てきました。
http://zakurozaka.com/

Zakurozaka


井伊直弼に仕える志村金吾。あの雪の降る桜田門外に警護にあたります。防寒の重い合羽を羽織り、刀の鞘にもカバー(?)をつけます。先頭を率いる金吾の元に直訴状を持つ侍が現れます。その訴状を受け取る金吾。その隙に水戸脱藩者たち十数名が井伊の行列を襲います。金吾は訴状の者を追います。その間に警護の者、井伊も惨殺されます。生き残ったのは、金吾のみ。金吾は捕えられていない暗殺者の首を取れと命じられます。それから金吾の長い旅が始まります。

井伊直弼を演じた中村吉衛門が物語に重厚感をもたらしています。
幕末から明治にかけて末端の武士たちがどう生きたか、これを見るまではほとんど知らずにいました。新政府の警察関係にうまく就職できた人もいたみたいですが、大部分は今のリストにあったサラリーマンと変わらないわけですね。昔はハローワークもないし。

今の世の中に通じる部分が多々ありました。

武士の忠義とは違うけれど、新しい世の中に馴染まないで苦しんでいる人は多いでしょうね。皆、理不尽さを噛みしめて生きている。

終盤、金吾と敵の十兵衛が出会う柘榴坂の場面は手に汗握ります。そして互いに思いを語り、生きることを選びます。

他の時代劇とは一味違っていました。浅田次郎の原作のものはおもしろいですね。


阿部ちゃんがかっこよかったのは言うまでもありません。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

October 25, 2014

映画『ふしぎな岬の物語』

映画『ふしぎな岬の物語』を見てきました。

海と花畑に囲まれた心休まる里、その岬の突端にあるカフェ「岬カフェ」には、店主の柏木悦子(吉永小百合)がいれるコーヒーを目当てに里の住人たちが集まってくる。店の隣に住むおいの浩司(阿部寛)は、何でも屋を営みながら悦子を献身的に見守ってきた。そんな穏やかな日々が営まれていたある日、常連客の娘で音信不通だったみどり(竹内結子)が数年ぶりに帰郷するが……。

Fusiginamisaki


母は吉永小百合、私は阿部ちゃん好きということで母娘で見てきました。
そういう二人組で見る人が多いようです。
映画館では老若男女ほどよいバランスで観客がいました。

やはり吉永小百合の圧倒的存在感を感じますね。
彼女が太陽のようにまわりを照らしていきます。
終盤ではその彼女にも悲しい生い立ちがあったことが語られます。

阿部ちゃんは、ちょっとおつむが弱いけれども、優しい繊細な中年男子を演じています。脇役だと思っていたのですが、小百合さんとダブル主演、ということでもよさそうなくらいの活躍ぶりです。

この岬は不思議でもなんでもなくごく普通の庶民が普通に暮らしている場所です。
しかし、現代ではその「普通」さがファンタジーのように思えます。

映画館にわざわざ足を運ぶのなら、こんなほっこりとした物語をみたいですね。


今月は阿部ちゃんの映画がもう一本公開されているので忙しい。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

October 12, 2014

映画『ルパン三世』

映画『ルパン三世』を見てきました。

『ルパン三世』公式サイト

Rupan3rd

絶対に破られることがないという屈指のセキュリティーシステムが敷かれている超巨大要塞型金庫、ナヴァロンの箱舟。手にした者は世界を支配できると伝えられる秘宝クリムゾンハート・オブ・クレオパトラがそこに収蔵されているのを知ったルパン三世(小栗旬)は、天才怪盗として強奪不可能をうたったセキュリティーを突破してやろうと決意。銭形警部(浅野忠信)の追跡をかわしながら、仲間である次元大介(玉山鉄二)、石川五ェ門(綾野剛)と秘宝強奪計画を進めていく。

小栗旬がルパンだとぉ~、とお怒りの向きもあるようですが、アマサイは楽しめました。

小栗くんはがんばってルパンを演じていたし、峰不二子、次元大輔、石川五右衛門、銭形警部もアニメのイメージのままですね。現行集められるベストキャストです。アマサイは浅野忠信大好きですから、彼が出てるだけで観る価値があります。

それでなくても単体でアクション映画として観ればいいんじゃないですかね。ネットの評判じゃなくて実際に見て評価してほしいな。

いずれ地上波でやると思いますが、これは映画館のスクリーンで見てほしいですね。

小栗旬が好きじゃない人は観ない方がいいかもね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28