無料ブログはココログ

February 26, 2017

書談:小林雄一郎『Rによるやさしいテキストマイニング』

待望の小林先生の「やさテキ」購入しました。

『Rによるやさしいテキストマイニング』
著者:小林 雄一郎
発行:2017/2/17
出版:オーム社
amazon
51xslsqffl__sx350_bo1204203200_


今まで、テキストマイニングを学ぶときは、
・テキストマイニングのツールの使い方
・統計学・データマイニングの知識
を別個に学ぶ必要がありましたが、本書とパソコンがあればだれでもテキストマイニングを始められるようになっています。
-------------
はじめに

Part I 基礎編
第1章 テキストマイニング入門
1.1 テキストマイニングとは
1.2 社会で活用されるテキストマイニング
1.3 テキストマイニングの歴史

第2章 テキストマイニングの理論的枠組み
2.1 テキストデータの構築
2.2 テキストデータの分析

Part II 準備編
第3章 分析データの準備
3.1 データセットの構築
3.2 テキストファイルの作成.
3.3  CSVファイル
3.4 テキスト整形.

第4章 データ分析の基本
4.1 R のインストールと基本操作
4.2 ベクトルと行列
4.3 データの要約..
4.4 文字列処理.
4.5 ファイルの読み込み

第5章 データの視覚化
5.1 ヒストグラム
5.2 箱ひげ図
5.3 モザイクプロット
5.4 散布図

Part III 実践編
第6章 基本的なテキスト分析
6.1 形態素解析
6.2 単語の頻度分析
6.3 n-gramの頻度分析
6.4 共起語の頻度分析

第7章 発展的なテキスト分析
7.1 複数データの頻度解析.
7.2 頻度の標準化と重み付け

第8章 基本的な統計処理
8.1 検定と効果量.
8.2 相関と回帰

第9章 発展的な統計処理
9.1 テキストのグループ化
9.2 テキストの分類.

第10章 英語テキストの分析
10.1 用例検索.
10.2 単語とn-gramの頻度分析
10.3 共起語の頻度分析
10.4 語彙多様性とリーダビリティの分析
-------------
コマンドも丁寧に書いてあります。

Photo

文系の人にはちょっと辛いかもしれませんが、慣れですね。
多くの人がテキストマイニングに挑戦し、新たな知見を得られるとビッグデータ時代も楽しいですね。

みんなでテキストマイニングをしよう。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

February 05, 2017

機械学習のススメ

修論がらみで機械学習のライトトーキングを頼まれました。
何か書籍を買わなければ、と思ったら、先月買ったばかりの本が見つかりました。

『事例+演習で学ぶ機械学習-ビジネスを支えるデータ活用のしくみ-』
著者:速水悟
出版:森北出版
発行:2016年4月28日

第1章 ネット時代のデータ活用
第2章 データマイニングと機械学習
第3章 識別:線形識別とその発展形
第4章 予測:線形回帰とニューラルネットワーク
第5章 決定木
第6章 テキストマイニングと評判分析
第7章 推薦システム
第8章 ソーシャルネットワークの分析
第9章 検索連動広告
付録 R言語による演習

Kikaigakushu

機械学習はRとかWakeなどフリーソフトがあるので、結構簡単に試せます。
問題は何のデータを機械学習にかけるか、です。

ビジネスで何らかのデータを持っている人はそれをこのようなテキストに沿ってマイニングすればよいと思います。

特にそのようなデータを持ち合わせていない人はテキストマイニングに挑戦することをお勧めします。

ブログやTwitter、Amazonの商品評価など、フリーのテキストがたくさん落ちています。
そのテキストの傾向性などを解析することができます。

KHcorderなどフリーのテキストマイニングソフトもあります。
フリーの場合、辞書を整備する必要があります。

人工知能ブームのおかげで関連情報もたくさん出ています。

機械学習をやっていると「人工知能の研究しています」と言ってもウソではないので。
(^_^;)

みんなで機械学習やろう。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】

September 11, 2016

映画&小説『後妻業の女』

毎日忙しいすぎてブログを書いている暇がありません。
うれしい悲鳴(^◇^)

頭を使いすぎていたので先日、映画『後妻業の女』を観に行きました。

Gosaigyo


予習として黒川博行『後妻業』は読んでいます。
黒川のおっちゃんの小説結構すきです。

「後妻業」 (文春文庫) 黒川 博行

------------------------
「武内小夜子、63歳、好きなことは読書と夜空を見上げること…わたし、尽くすタイプやと思います」結婚相談所主催のパーティで可愛らしく自己紹介する小夜子(大竹しのぶ)の魅力に男たちはイチコロである。耕造(津川雅彦)もその一人。二人は惹かれあい、結婚。幸せな夫婦生活を送っていた、はずだった―。2年後耕造は亡くなり、葬式の場で耕造の娘・朋美(尾野真千子)と尚子(長谷川京子)は、小夜子から遺言公正証書を突き付けられ、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡される。納得の行かない朋美が調査をすると、衝撃の事実が発覚。小夜子は、後妻に入り財産を奪う“後妻業の女”だったのだ!
------------------------
原作を読みながらこれは大竹しのぶしかないだろうと思っていました。
実年齢よりも高い役なのですなあ、と思ったら、30代の場面も出てくるからですな。
映画の小夜子は原作よりもたくましいです。

実際の事件を元に原作を書いたらしいですが、それをコメディにしてしまうのは黒川マジックです(リアル関係者は憤慨してると思いますが)。それをリアリティを持って映像化できたのは、配役の力が大きいですな。

大竹しのぶ、豊川悦司、尾野真千子、長谷川京子、水川あさみ、風間俊介、余貴美子、笑福亭鶴瓶、津川雅彦、永瀬正敏

どれも一癖ある輩ばかりです。

小夜子の息子(原作では弟)の風間俊介がなかなかいけてました。
ああいう凶器じみた役もできるのですね。
風間くんにはこれからもがんばってほしいです。

いやー、アマサイも「ブライダル微祥」に登録して後妻業の修行をしてみたいですな。
冗談ですよ、冗談(^^;)

シン・ゴジラも見ないといけないですかね。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 06, 2016

『明解量子重力理論入門 』学習会

放送大学の物理好きの仲間とこの本を学習することになりました。


Mikai


●『明解量子重力理論入門 (KS物理専門書)』
発行:2011年7月26日
著者:吉田 伸夫

----------------------
内容紹介

超ひも理論も、ループ量子重力理論も、第一歩からわかる知的興奮の書!

相対論と量子論を統一することはできるのか? 最先端理論が説く宇宙の過去と未来とは? 近年発展の著しい量子重力理論の最先端を、基礎から明解に説き明かす入門書

第1部 量子重力理論までの道程
第1章 量子論の基本原理
第2章 場の量子化とくりこみ
第3章 時空のゆがみとしての重力
第4章 重力の量子化
第2部 量子重力理論の具体例
第5章 時空構造の極限を求めて――ループ量子重力理論
第6章 素粒子論的アプローチ――超ひも理論
第7章 半古典的取り扱い――ホーキング放射
第8章 宇宙論への応用

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ重力の量子化が困難なのか?量子重力理論は、何を解決しようとしているのか?ループ量子重力理論とは、超ひも理論とは、どのような理論なのか?学部学生程度の物理学から出発し、量子重力理論という最先端へ読者をいざなう、専門書を読む前の、はじめの一歩に最適な入門書。
-----------------------
先日は進行役の方が素晴らしかったので1章を学習し終わりました。
§1 古典物理学と最小作用の原理
§2 不確定性関係と量子論の原理
§3 経路積分の手法
§4 波動関数とシュレディンガー方程式
§5 振動するシステムのエネルギー量子
§6 特殊相対論と場のアイデア

自習では理解できないことがわかるようになり、頭がすっきりしていい感じです。

次回の勉強回を楽しみにしています。

久しぶりに物理帝国主義者としての活動でした。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 10, 2014

村岡花子展

スヌーピーin銀座の帰りに教文館書店によりました。

村岡花子展をやっていたからです。

当時の書物が見れたり村岡花子のラジオ放送が聞けたり充実していました。

展示は撮影禁止でしたので、書籍の陳列のみです。

Hanako01

Hanako02

Hanako03


特に「赤毛のアン」のファンではありませんが、読書が唯一の趣味だった自分の幼少期を思い出しました。あの頃の児童書は良き作家良き翻訳者に恵まれていました。

今の子供たちにはたくさん本を読んでほしいです。あの紙の手触り、装丁の美しさを感じてほしいですね。

村岡花子が生きた時代はなぜか懐かしいです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 24, 2014

祝!黒川博行、直木賞受賞!

密かに?!敬愛するミステリー作家・黒川博行さんがついに直木賞を受賞しました!

黒川さんおめでとうございます!
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪

Kurokawa_hamon


芥川賞・柴崎友香さん、直木賞・黒川博行さん 選考過程と講評 2014.7.21

 17日に発表された芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)は、芥川賞が柴崎友香さん(40)の「春の庭」、直木賞は黒川博行さん(65)の『破門』に決まった。同日夜に東京・築地の料亭「新喜楽」で行われた選考の経緯と講評を紹介する。

Bks14072110450003n1

≪直木賞≫
黒川博行さん「破門」
心象描かず読ませる筆力評価
 約2時間半の討議をへて、直木賞は黒川博行さんの『破門』(KADOKAWA)に決まった。同作は初回の投票で圧倒的な支持を集め、会見した選考委員の伊集院静さん(64)は「候補作の中で読み物として一番面白い。心象を一切書かず、これだけ読ませるのは素晴らしい」と絶賛した。
 『破門』は人気ハードボイルド『疫病神』シリーズの5作目。映画製作資金を持ち逃げされた建設コンサルタントとヤクザの相性最悪コンビの奔走を描く。選考委員の宮城谷昌光さん(69)は「アメリカ映画のようで、ペーソス(哀愁)が出ている」と高く評価。伊集院さんは「こういう話に死体が出てこないということが、ペーソスやメリハリといった黒川ワールドの理想に近づいているということだろう」。6回目のノミネートで受賞を決めた黒川さんの姿勢についても「作品の質を落とさずに書いてこられたことに敬意を表したい」とたたえた。

Wikiより

黒川 博行(くろかわ ひろゆき、1949年3月4日 - )は、日本の小説家・推理作家。愛媛県今治市生まれ。大阪府羽曳野市在住(2014年現在)。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。妻は日本画家の黒川雅子。

大学卒業後、スーパー社員、大阪府立高校の美術教師を経て、1983年、『二度のお別れ』で第1回サントリーミステリー大賞佳作に選ばれる。1984年、同作で小説家デビュー。

2014年、6回目のノミネートで第151回直木三十五賞を受賞。選考委員の伊集院静は「圧倒的な支持だった。忍耐力と小説家の魂を作品以外のところで評価した選者がいた」と語った。

作品
1983年 - 『二度のお別れ』で第1回サントリーミステリー大賞佳作
1984年 - 『雨に殺せば』で第2回サントリーミステリー大賞佳作
1986年 - 『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞受賞
1992年 - 『封印』で第14回吉川英治文学新人賞候補
1996年 - 『カウント・プラン』で第116回直木三十五賞候補
1997年 - 『疫病神』で第19回吉川英治文学新人賞候補、第117回直木三十五賞候補
1999年 - 『文福茶釜』で第121回直木三十五賞候補
2001年 - 『国境』で第126回直木三十五賞候補
2007年 - 『悪果』で第138回直木三十五賞候補
2014年 - 『破門』で第151回直木三十五賞受賞

黒川さんと言えばハードボイルド『疫病神』シリーズが有名ですがアマサイは、芸術院会員の座を巡って暗躍する画壇を描いた『蒼煌』や『文福茶釜』など美術ものが好きです。あの手のものを書かれないのは残念です。『よめはん人類学』『大阪ばかぼんど』などのエッセイも好きですね。

これまた、長くリスペクトしている東野圭吾氏も黒川さんを高く評価していて「なんで黒川さんが直木賞とれへんねん」とどこかで書いていたように思います。

本が売れないこの時代、よくがんばりましたね、とちょっと上から目線で褒めてみます。

池井戸さんのときのように一般書店で黒川コーナーが出来るのが楽しみです。


二時間ドラマ注意深く見るとたまに、原作:黒川博行、とありますね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

June 24, 2014

書談:乃南アサ『暗鬼』

■『暗鬼』
著者:乃南アサ
発行:文藝春秋・文春文庫
発刊:2001.11.30

Anki

内容(「BOOK」データベースより)
両親、弟妹、祖父母に曾祖母。今時珍しい大家族に嫁いだ法子を待っていたのは、何不自由ない暮らしと温かい家族の歓待だった。しかしある日、近所で起きた心中事件に彼らが関係しているという疑惑を抱いた法子は、一見理想的な家族を前に疑心の闇にはまっていく。やがて暴かれる、呪われた家族の真実とは。
-----------------------

平積されていたから新刊だと思ったら、文庫も10年以上、単行本では20年前ですね。

まあ、いいんですけど。

初期の段階でこういう結末かな、と思ったらそうでした。しかし、そこまでのプロセスがさすが職人技・乃南アサです。小金井市って仮にも東京都なのにそんな閉鎖性があるかなというのが疑問ではあります。

それよりも、1990年代初頭にはまだお見合い結婚が重要視されてたのかなと。そういえばそうだった気がする。

商売をやっている大家族に嫁ぎたいと思うだろうか、というのもわからないが、夫となる志藤武雄が魅力的であったということでうまくごまかしている。

名家と言わないまでもその土地に長く続く家には何かあるに決まっているのである。

解説の中村うさぎがいいことを書いている。「家族とはひとつの宗教である。そもそも平凡な家庭などどこに存在するというのだろうか」

家族には何かしらの魔物が住んでいるよね。

この小説ではその魔物がすごいものであるわけだが。

乃南アサ、久しぶりに読みましたが安定のホラー感でしたね。


でもわかっていればAmasonのユーズドで買うんだった。。。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

June 13, 2014

書談:『ざっくりわかる企業経営のしくみ』

■『ざっくりわかる企業経営のしくみ』
著者:遠藤 功
発行:日経文庫
発刊:2014.04.15
価格:860円(税別)

Zakkurikigyou


Ⅰ変わり続ける時代の企業経営
Ⅱ強烈な企業理念が組織を動かす
Ⅲどこでどのように戦うかを定める
 ー戦略マネジメント
Ⅳ「売れる仕組」をつくる
 ーマーケティングのマネジメント
Ⅴ戦略を実現する組織を設計し、運営する
 ー組織のマネジメント
Ⅵ企業は人なり
 ー人材のマネジメント
Ⅶお金の流れを管理する
 ー資金のマネジメント
Ⅷ戦略を実行する
 ーオペレーションのマネジメント
Ⅸ停滞を克服し、新たな成長を実現する
 ー成長と再生のマネジメント
--------------------
表題通りですから、新しい知見はなかったです。しかし、自分の知識が整理されましたし、以前読んだビジネス書の位置づけが理解され、これからどういう本を読めばいいかわかってきます。

アマサイの最近の興味はファイナンスです。知財でその企業が理解できるようにファイナンスで企業の有り様がわかるからです。

章末の各章に関するおすすめの一冊が記載されているのも好感が持てます。


・ピーター・F・ドラッカー『マネジメント』

・ジェイムズ・C・コリンズ/ジェリー・I・ポラス『ビジョナリーカンパニー』

・リチャード・P・ルメルト『良い戦略、悪い戦略』

・鬼頭孝幸『戦略としてのブランド』

・久保克之『コーポレートガバナンス』

・ダニエル・ピンク『モチベーション3.0』

・西山茂『戦略管理会計』

・フレディリック・W・テイラー『科学的管理法』

・岩井克人/佐藤孝弘『M&A国富論』

ドラッカーはやっぱり基本なんですね。もう一回読んでみよう。

最近は、科学よりも経営学に興味があります。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 21, 2014

赤毛のアンとJFKと

『赤毛のアン』に思い入れのある人は多いようだ。女子にはこの他に『小公女』とか『ジェーン・エア』とか『風と共に去りぬ』とか、その後の人生の指針となる十代向きの書物が多い。


はて、それでは男子は何を「一書」とするのだろう。『トム・ソーヤの冒険』か『一五少年漂流記』であろうか。『シャーロック・ホームズ』でもおかしくないかもしれない。どちらかという少年マンガに原点を求める男子が多いかもしれない。


アマサイはそのどちらでもないな。アマサイの原点は偉人伝である。講談社から出ている偉人伝シリーズを全部読もう、と思ったけれど、実際は半分ちょっとだろう。ベイブ・ルースとかあんまり興味ないし。


記憶に残るのは、豊田佐吉、ライト兄弟、エジソン、キュリー夫人、ウォルト・ディズニーなんかでなぜかみんな理系よりのクリエータである。


間違ってもキュリー夫人のような女性科学者になろうとは思わなかった。学生時代は貧しくパンと水だけで過ごした、という記述を見るとアマサイには耐えられない、お菓子も肉も生きていく上で必要である。それに、結構若くして未亡人になるんだよ。なんか偉大な業績より、女性としても不幸せを感じてしまうなあ。


別方面で影響を与えたのはJFKである。この一冊で11歳にしてすっかりアメリカかぶれになってしまった。就任演説を日本語で覚えた。なんつーか、言葉で人を動かすのってすごいなと思ったのである。それは日本語じゃなくて英語である。英語への興味も湧いたな。


アメリカの国旗を飾りたかったが、どこで売っているのかもしらんかった。アメリカ全土の地図がほしかったが、高いので首都ワシントンの地図でがまんした。


これが大学生になると急速にさめていった。電子工学専攻だったので「留学する理由がない、日本で勉強できるから」である。海外旅行にもあまり興味はなかった。


英語学習意欲は冷めなかったのは幸いだ。現在までずっとやっていたわけじゃないが、起点がJFKであったことに変わりはない。


で、今朝ドラでやってる『花子とアン』も翻訳家・村岡花子がどのように形成されていったかという観点で見ている。毎朝楽しみである。


「英語」はおいらの人生の基本かな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】





April 30, 2014

書談;『知財、この人にきく 丸島儀一』

Marusima


読書会で『知的財産戦略』が読み終わったので復習のために『知財、この人にきく 丸島儀一』を読んでみた。『知財戦略』の方では「こんなの大企業だからできる、中堅、中小ではこんなにお金をかけられない」というのが毎章ごとの感想だった。本書は中小・ベンチャー向けに書かれたものなのですべてが納得できる。実はキヤノンにも(当たり前だが)小規模企業だった時代があった。その観点から語られている。

「中小の場合は、技術も経営もすべてが見渡せる、だから実は大企業よりも強いのだ」という主旨の発言は大いにうなづける。私自身もそう思っている。大企業だと一知財部員が会長や社長と話すことはないだろうが、中小だとそれができるのだ。だからと言って彼らに助言めいたことをするわけではないが、経営者とコミュニケーションできるのは知財として強みである。技術者はみんな本社いるので(私がいた会社の場合)、階段を下りて本人の席までいけば発明の内容は誰にでも聞ける。

読書会の際に「丸島氏はどうして50年前に特許に興味を持つことができたのだろうか」という疑問が出た。本書では、端的に知財がおもしろいから、という結論が導き出せる。細かく言うと、初めは当然技術部門に行けるつもりだったのに、2年我慢してくれと上司に言われ、約束の2年後経ったら、技術者としては同僚に2年遅れてしまった、どうせなら知財で勝ってやろう、と思った、ということである。

知財エリートともいえる丸島氏と、小物の私との考えがかなり一致して同じ方向性を向いていることを知り、知財人として大いに自信を持った。

やっぱり、私は知財で生きていこう、と決意を新たにした。

追加:丸島氏は「中小・ベンチャーは経営者が技術・経営・知財の三位一体を一人ですることが可能だ。米国にはそのような社長はいるが、日本にはあまりいないのが残念だ」とも評している。だからアマサイのような人間に存在意義があるわけです。


知財業務って苦しいこともあるけど概ね楽しい。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28